ホーム安芸葬祭のブログ ≫ お葬式の大切な話 ≫

新着情報

広島でコロナウイルスで亡くなられた場合【広島市の家族葬・葬儀・お葬式は安芸葬祭まで】

コロナウイルス感染予防への取組み
コロナウイルスの影響が
全国的に凄い猛威を放っています。

広島もゴールデンウィーク明けには
恐ろしい事態が予測されます。
皆様、今は不要不急の外出を控え
自分の身を守って下さい。

先日、広島県内で初めて
コロナウイルスにより
亡くなられた方が発生されました。
ご遺族の皆様には
改めまして心からお悔やみ申し上げます。

私も、このブログをご覧の皆様も
決して他人事ではありません。
明日は我が身
我が家族に
その可能性と背中合わせと
認識下さい。

コロナウイルスで亡くなられた場合
広島市内ではどのようになるのか…
質問がありました。

結論から言いますと
24時間以内の火葬は行えます。

但し火葬のできる時間は
午前9時30分から午後4時までとなります。
(新型コロナウイルス対応への同意書…
喪主さまやご家族から
葬祭業者または火葬従事者が搬送や火葬
収骨を実施する旨のものに
署名と捺印を要し
本書を葬祭業者
コピーを親族及び火葬場で保管する)

ご遺体は透過性納体袋に入れ
密封したのち納棺しなければなりません。

火葬場には
ご遺族が参加することは
禁止となります。

収骨は
葬儀社と火葬場職員で行います。

収骨後に
ご遺族のもとに葬儀社が
遺骨の返却に伺い
その後に寺院などに連絡し
通夜または葬儀の手配を行います。

上記が
広島市から
葬儀社である我々に
通知された内容です。

まとめますと、
コロナウイルスで、もし亡くなられた場合
通常の通夜、葬儀の
当たり前に行われたやり方では行えない
ということです。

二次感染、三時感染防止のため
仕方ないことではありますが
ご遺族にすれば
対面や火葬場にも立ち会いが出来ないため
やるせない思いが残ること
と思います。

しかし、目に見えない感染菌だけに
ふたたび悲劇が起こると
また いたたまれない状況が発生します。

いま言えることは
広島市や近郊
または日本において
コロナウイルスによる死亡が
発生しないことを祈ります。

皆様、自分の身は自分で守
、この難局を乗り越えましょう。

そして、平和な世の中に感謝し
笑える楽しい日々を送れる日を
ありがたく迎えましょう

最後までお読みいただき
ありがとうございました‼️

頑張れ日本‼️
頑張れ広島‼️

広島市・広島駅近での家族葬・葬儀・お葬式は安芸葬祭まで
ホームページ:https://akisosai.com/
2020年04月22日 10:58

広島のお葬式事情 広島の家族葬 葬儀 直葬 広島駅新幹線口より北へ徒歩10分

皆さんこんにちは。

広島市の家族葬 葬儀 お葬式 直葬
安芸葬祭エキキタホール
代表の河内です。

今日は最近のお葬式事情です。

最後までのお付き合い
宜しくお願い申し上げます。


葬儀社には
親切、丁寧、ご家族の思いになって、など
各社がホームページなどの媒体を使用し訴求しています。

そして、お客様にとり
大事な価格も廉価なものが目立ちます。

昔の葬儀は
お金が掛かった…と言われます。


「葬儀社が口を開けば金だから、気を付けろ」
20年以上前に、ある打ち合わせの現場で言われた言葉
今でも残っています。

また、ある方に言われた
「まあ、葬儀屋さんは
そうやって親切そうに言うが
全ては商売だからな…」と言われたこともありました。

人の死を商売にしているだけに
当然文句は言えませんが
どこかやるせない気持ちになったのも事実です。

そのような経験からか
弊社の開催するお葬式説明会で
私が必ず伝える言葉があります。

「葬儀費用を決めるとき
葬儀社の人に言ってはいけない言葉があります。

それは、葬儀のことはわからないから
葬儀屋さんに全て任せます、という言葉です。

全ての葬儀社がそうだとは言いませんが
そんなこと言ったら、後日の請求書に文句の一つも言えませんよ…」

昔は葬儀に際し、その様な言葉を言われる方が多かったのです。
それは、今のように葬儀に関する情報がなかったからです。
では、昔の葬儀はどのようにして葬儀社を選んでいたのか?
1、町内会や講中が指定していた
2、親戚、寺院や病院などの紹介
3、タウンページやチラシなどの媒体
4、自宅に近いから
5、互助会に加入している
などでした。

今も大きくは変わりませんが
情報ツールの進化から
ホームページによる依頼が増えました。

ホームページで何社かの葬儀社を確認し
気になる葬儀社の会館に出向かれる。
その傾向が多いと思います。


事前相談に来られる方の意識も、徐々に変化があります。
以前は、医師から葬儀の準備をしておいた方が良い
と言われた方が多かったのですが

最近は終活ブームの影響か
夫婦で来館され、自分の葬儀を相談される方が増えました。

昔の葬儀は
亡くなってからぶっつけ本番。
何をすれば良いのか

何をしたのやら

何があったのか、わからずに終わった
という人が大半だった、と思います。

葬儀を取り巻く環境は、大きく変わったのです。

最後までのお付き合い
ありがとうございました。

/////////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬
TEL082-568-0115
安芸葬祭・エキキタホール
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分

〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
TEL082-568-0115
/////////////////////////////////////////////////////////////
2020年01月21日 08:39

広島のお葬式で頑張ってくれました霊柩車…弊社を卒業します❗️葬儀 直葬 広島市家族葬 

DSC_0544_HORIZON
皆さんこんにちは。
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

霊柩車はお客様から料金を頂く車です。

弊社の社員が
気が付けば洗車やワックス
そして車内清掃といつも大切にしてくれています。

しかし
まだ使用できるのですが
料金を頂くため
買い替えの時期がやってきます。


平成17年から今日まで
多くの故人様の搬送業務に
昼夜を問わず頑張ってくれました。

父、母の時もお世話になっただけに
やはり愛着があります。

どこかの葬儀社に引き渡しされる予定らしいですが
まだまだ馬力はあるだけに
しっかり働く車と思います。

しかし、人間と同じく別れとなると
やはり寂しいものです。

本当に、お世話になりました。ありがとう‼️

//////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115

〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
TEL082-568-0115
//////////////////////////////////////////////////////
2019年09月17日 11:23

広島市の葬儀 お葬式に接して感じた話 安芸葬祭・エキキタホール 家族葬 直葬

綺麗ごとに聞こえるかもしれません。

しかし、こんな葬儀屋もいるのか…と聞いてください。

いまの日本、毎年どこかで大きな災害が起きます。

地震、土砂災害、台風などの大きな自然の驚異。

そして車による痛ましい事故。

また、理不尽なる虐待などによる殺人。

いじめや対人関係による自殺。

病気による「死」だけでなく、この世には様々な「死」と背中合わせに「生」が存在してします。

15年前だった、と記憶します。

交通事故で突然無くなられた方の通夜で、住職さんの法話がいまも印象に残っています。

「この世には、表と裏の存在が二つある。一つは海の波。波には、ご承知の方もおられるでしょうが、表と裏がある。私たちの正面に見える波は泡立て、見ようによっては綺麗に見える。しかし、波の裏側はどす黒く気味の悪い雰囲気を持っている。そして、もう一つの表と裏は…人間の生と死である。生きる、生きている、というのは表。そして今日の仏さん…昨日の昼までは元気に生きていた。しかし…いま…お通夜を迎えている。人間の人生は、まさしく生と死という表裏一体である、ということを皆さんは噛みしめてほしい。我々人間は、今日があるから明日もある…だから明日にしよう、と考える。しかし、人間には明日の保証というものはない、ということを心して欲しい。そことを身をもって教えてくれたのが、いま棺に入っている故人。今からの日暮らしを、今日参列していただいた皆さんは、他人事に考えるのでなく、明日は我が身と心していただきたい」


これまで何名の方の事故死、自殺、殺人、災害死に関わってきたのだろう。
そう思い日記を見た。

この仕事も36年になるが、不慮の死に立ち会った日には、「この様な葬儀では、お金の話が一番難しい。家族の精神状態が普通でなく、葬儀の話をするのが気が引ける。葬儀屋として一番しんどい。なんで自殺をしたんだろう…」

また、「今日の主人は幼子を残し自殺された。幼子は父の死を自覚していない。祭壇の準備をしていたら、幼子がお菓子をくれた。ありがとう…と言ったら、何とも言えない笑顔…そして、もう一つお菓子をくれた。何歳なん?と年をきくと、我が子と同じ年。つらいのぉ…」

「初めて殺人事件に遭遇した。殺されたのは3歳の子。やれん…ほんまに、やれん」

改めて思う。この仕事、ビジネスだけでの割り切りで出来るものではない。

これからも不慮の死は無くならないだろうが、できれば病死以外の不慮の死は、無くなる世の中であってほしい、と本気で願うものである。
2019年09月15日 16:30

広島市の家族葬会館安芸葬祭・エキキタホール スロープ完成しました。直葬 お葬式 葬儀

外観スロープ
先般ご案内させていただいておりました、入り口にスロープを設ける工事が終わりました。
これからは、車いすの方でも安心してエキキタホールをご利用いただけます。

簡単ではありますが、取り急ぎご報告まで。

 
☆☆☆ 広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・お葬式なら当社へ ☆☆☆
株式会社 安芸葬祭  家族葬専用会館 エキキタホール
安芸葬祭スタッフ
2019年09月10日 13:08

自宅で突然亡くなった場合

元気な人が突然亡くなる…
人間の命は、いつ、果てるか全く予測できないものです。
もし、あなたが誰かの死に直面したら、最初にやることは、消防か警察のどちらかに連絡を入れます。
(ケースワーカーの方が発見された場合、マニュアルが存在するでしょうから、親族または医師や警察などへ迅速な手配が行われます)

掛り付けの医師がいれば、死因の状況把握ができますが、大半の方は元気な方が多く、突然死の場合は医師に掛かっていないケースも多く、警察による検死が行われます。
これは死因を特定するためで、かなりの時間を要する場合もあり、死因がはっきりしないときは、司法解剖が行われます。

第一発見者や家族などに、故人といつ連絡を取ったか、また掛り付けの医師がいたのか、など事情も聞かれます。

また、複雑な場合もあります。
死後数ヶ月たって発見された場合や自殺か他殺と特定できない場合です。
本人で100%間違いない…死後数ヶ月たった場合など本人のDNA鑑定が行われます。
もし人違いだったら大変なことになるからです。

いずれにしても、人間は病気で亡くなるとは限らず、このような突然死や自殺、事故などの、いつ、何が起こるがわからないものです。

慌てず、騒がず、落ち着いて…と言いましても、突然死は残された家族には、まさしく天国から地獄のようなもので、何から手を着けるのか、と混乱を来すのは事実です。

その様な時、我々葬儀社が身近な存在でアドバイスを行います。
葬儀費用を含め、お金の心配が先立つ人もいるでしょうが、まずは故人を安置する場所を確保することが大切です。警察の安置所は時間的な限りがあるからです。

その様な時は、まずお電話にてご相談ください。
24時間、対応致します。
フリーダイヤル0120―33―4949
株式会社安芸葬祭まで、ご連絡ください。
2019年08月21日 22:10

經濟レポートに関連記事掲載

令和元年6月25日号の経済レポートに弊社関連記事が掲載されました。
report01
report02
2019年06月26日 16:08