広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら安芸葬祭

24時間365日対応。広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら当社へ。

ホーム安芸葬祭のブログ ≫ お葬式の大切な話 ≫

新着情報

広島の家族葬でワシの葬儀はいくらかかる 事前相談 お葬式 費用 広島 安芸葬祭

皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

先日のこと
葬儀の現場である寺院で片づけ作業をしていましたら
今から33年前に葬儀のご縁をいただいた方に出会いました。

「今日、お寺さんに相談があったから来たんだが
安芸葬祭のトラックがあるから
これも何かの縁じゃ、と思ったのよ。
ワシも75歳になった。
ボチボチ葬儀のことが気になってね。
参列者も数名、家族だけで
このお寺さんで通夜と葬儀をしたい。
祭壇などは要らない。
葬儀に絶対いるものを用意してもらうと
いくら葬儀費用が掛かるのか…」
と言う相談でした。

最近、本当に増えてます…

「華美にしてもらいたくない。
必要なもので送ってほしい」という声

葬儀社として見ると
正直、痛い話です。
しかし、葬儀に対する世間の方の「意識」を
やはり真摯に受け止めなければいけません。

葬儀が華美というのは
それぞれの人の思いで当然違います。

「親父は一生懸命がんばってきた。
だから最後は盛大に送ってやりたい…」

この盛大…という言葉。
言葉だけで見ると、派手な葬儀に思えます。

祭壇やお棺を良いもの…

多くの人に最後のお別れをしてもらいたい…

家族葬が主流になる前の葬儀では
このことが葬儀に対する普通の思いだと。


しかし今は大きく変わりました。

葬儀にお金をかける時代でなく
お金を掛けず、同じことなら値段の安いものが良い…

事前相談などで感じられるものです。

なぜ、その様になったのか
それは葬儀価格が不透明だったから、と思います。

葬儀価格の不透明とは
葬儀というものが人の死から発生する性質からきている
と思います。

それにより、葬儀業者も金額の公表を控えた歴史があるのです。

いまでこそ、多くの情報が氾濫しますが
一昔前は、葬儀の情報は電話帳広告くらいしかありませんでした。

たまに新聞広告やチラシで葬儀に関する情報が散見されましたが
本当に皆無に等しいのが「お葬式、葬儀」の情報でした。

さて、葬儀に必要な物品とは何をさすのか…
下記に列挙します。

・霊柩車(病院から式場から火葬場)2回
・棺
・白衣(仏衣)
・骨壺
・遺影写真
・ドライアイス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ローソク立て
・ローソク、線香
・香炉(線香立て)
・回し香炉(遺族が焼香に使用)
・経机(上記の仏具を置く机)
・掛け軸(ご本尊)
・白幕(葬儀の部屋に使用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・写真代(遺影写真を置くもの)
・死亡届提出
・火葬場手続き
・通夜、葬儀の人的サポート

以上のものになります。



上記の物が葬儀に必要なものとなり
華美な演出をされたくない方や
必要最小限のもので葬儀を行いたい方へ
弊社がお勧めする形態です。

葬儀費用については
ホームページに詳細がございます。



本日も
最後までのお付き合い
ありがとうございました。


///////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬 自宅葬儀 寺院葬儀
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
///////////////////////////////////////////////////////////
2020年07月10日 07:00

広島のお葬式で亡き人との縁で人は成長する 家族葬 直葬 寺院葬 安芸葬祭 広島市

皆さんこんにちは。

安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

今日はタイトルにあります
亡き人との縁で人は成長する…ということを送ります。

家族葬しかり葬儀では
大半が初対面の方ばかりです。

ご遺族は葬儀の打ち合わせや
事前相談を通して、それなりに人となり…
というものがご当家も葬儀社もお互いに理解できます。

しかし故人様は
生前に交流があった方なら、どんな方だったなど
知り得るものがあるのですが、ほとんどの方は
見知らぬ方です。

故人様との初対面は物言われぬ姿。

お元気だった姿は
遺影にする写真で
はじめて接して

あとはご遺族の話で
故人の人となり…を知ることです。

そのような中
先日「フッ」と思うことがありました。

それは、故人様ひとり、ひとりに生前の歩まれたシーンがあり
そしてそのシーンが、最期の葬儀を通して
ご遺族や見知らぬ私たちを成長させてくれることもある…
ということです。

同じ20名の家族葬をされても故人を通して
人数では計り知れないものが葬儀には存在します。…

恐らく読まれている方には
何のことか理解できない話かも知れません。

実際書いている私も
どの様な表現で書くべきか
頭でっかちになり、思うように書けないもどかしさ…
すいません。

実はこの話
明日のYouTube安芸葬祭チャンネルで出すのですが
話して感じたのは
やはり上手く伝えることが出来ないことです。


しかし、理解いただけるように
もう少し頑張ってみます。
(ここからはYouTube安芸葬祭チャンネルで
話せなかったことを入れます)

社員が葬儀終了後に見せる姿には
様々な顔があります。

その中で、「今回の仕事はきつかっただろう…」と
私が思ったときに見せる顔が
実は葬儀社として、人間として
ひとつの階段を上った時なのです。・
(このことに気付いた社員は自信を見せ
同じことを言われなくなります)

この同じ葬儀の繰り返しのなかで
「きつい仕事」とは
今まで自分が担当していなかった葬儀になります。

数名の家族葬を担当していると
それ以上の規模(30名以上から数百名)の葬儀に怖気づく人がいます。

実は私も昔そうでした。
葬儀にたくさんの方が参列されると
気合が入る前に、司会進行前に内心ドキドキの連続でした。

そして葬儀を繰り返すなかで気付いたのは
葬儀には色々な「顔」があることです。

なぜ、この故人の方には多くの方が見送りされるのだろう・・・

その要因には
・故人が生前に幅広い付き合いがった。

・故人の子供さんの交友関係が広かった。

その二つが重なると、多くの人が参列される葬儀の姿でした。

そして、もう一つの顔もあります。

・純粋に故人の人柄から多くの人が参列をされる葬儀。

・付き合いのうえ、仕方なく義理を欠いてはいけないので参列する葬儀。

どちらが良いのかは今回は置きます。

私がこれまで接してきた葬儀で
この故人様は素晴らしい人生を送られた人
と感じた葬儀は
会葬御礼の品物と参列者の数が一致する葬儀です。

最近は家族葬が主流ですから
その様な葬儀が少なくなり、故人様の人となりが
正直、見えにくくなったのも事実です。

しかし、家族葬が主流の中
ご遺族の故人様への接し方から見えてくるものもあります。

この故人様は大切にされて来たんだな…
そう感じるのは、やはり故人様の亡骸に接するご遺族の姿勢です。

色々なことを思い 見つめたり
時には話しかけたり…
その接し方で不思議と故人様の表情は穏やかになります。

我々葬儀社の人間は
その様なに故人様、ご遺族を通して
「今日のお宅は、こんなにアットホームで故人を大切にされたいた…」

「できれば最後は自分もこうありたい…」など

社内は勿論、自宅に帰って話します。

「葬儀屋さんって、そんな人間模様が見える凄い仕事なんだね…」

私の知人の言葉です。

これからも故人様やご遺族様を通して
色々な人間模様から、多くの学びを得て成長していきたいものです。

長文、失礼しました。

///////////////////////////////////////
広島の家族葬 お葬式 葬儀 直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
///////////////////////////////////////
2020年07月09日 09:05

非通知電話を受け付けない理由 広島の家族葬 お葬式 葬儀 直葬 安芸葬祭

皆さんこんにちは。

安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

過去に非通知電話の件をブログで取り上げました。
ブログの再生数が異常に増加しましたので
恐らく同業他社の方などが、関心を持たれているのか知れません。
(葬儀 非通知電話))のワードで検索すると
トップに表示されます。

正直、ブログにも書きましたが
非通知設定…葬儀社として勇気がいるものです。

そこで、もう一度
今回ブログに書いてみます。



弊社に非通知で電話されると
「プー、プー、プー」と話中のコールが鳴ります。

実は、悩みに悩やんだ末に
非通知電話の受け付けを止めたのです。

葬儀のことで不安に思われる方が
非通知電話にて 相談される気持ちは理解します。
なぜなら葬儀社への電話は勇気が要りますから。

しかし、それ以上のリスクが多いために            
申し訳ありませんが
弊社へお電話される皆様…
番号通知でご連絡をお願いします。
(弊社は決して迷惑電話は行いません。
これは天地神明に誓ってお約束申し上げます)


非通知電話で一番多いのは、間違いなく営業電話です。
お断りしても、お断りしても掛かって来ました。
(これは非通知対策にて減りました)

しかし弊社の非通知電話対策の大きな理由は
営業電話以上に問題の「いたずら電話」でした。


弊社を含め葬儀社には「いたずら電話」が昼夜を問わず掛かることがあります。
いたずらの内容は

●自宅で亡くなったから、すぐ来て欲しい、というものです。
(当然、いたずらですから誰も亡くなっていません)

掛けてくる相手は、我々を相手の自宅に訪問させることが目的です。
行先の住所や氏名は間違いなく伝えて来ます。

しかし、自宅で亡くなられたのにしては、妙に落ち着いています。
おかしい‼️と感じ、こちらも住所、氏名以外の詳細を聞くのですが
案の定、怒りだします。

電話を受けた私は、相手に対して
「担当者から折り返し電話しますから、電話番号を教えて下さい」と伝えるも
非通知だけに嘘の電話番号や
中には葬儀社にバレた、と思った場合はターゲット相手の番号を伝えてきます。



時間を置いて待つと
しびれを切らして掛けてくる人
他の葬儀社にも連絡しているため
どこの葬儀社に掛けたかわからず
掛けて来ない人…に分かれます。

葬儀社を利用する「いたずら電話」で多いのは…失恋です。
特に男性が掛けてくるケースが多いものです。
ある私が伺ったお宅には、葬儀社、タクシー会社、仕出し屋さんが呼ばれてました。


金銭トラブルで
返さない相手方への嫌がらせも多かったです。

一度だけ、「自宅で亡くなったのでドライアイスを忘れないよう持って来てほしい」
と具体的な指示もありました。

また
これは前回書かなかったんですが
子供によるケースもありました。

「父が亡くなったから自宅に来てほしい…」というもので

私は「あなた一人なのか?お母さんは…」と聞くと
「母は亡くなり、姉と二人です」としっかりした口調の学生でした。

指定された場所に行きインターホンを鳴らすと
女性の方が怯えるように出て来られました。

一瞬???と思ったものですが
学生の叔母さんが来られている、と思いました。

すると「今度は、どこの葬儀屋さんですか…」と言われ驚いたものです。

話を聞くと、ご主人が近所の高校生数名とトラブルになり
その後、嫌がらせが多発したようです。

高校生とトラブル…
それで葬儀社を差し向けるとは、驚きを通り越し
唖然としたものです。

被害届を出すように被害にあった方へ伝えるのですが
報復を恐れ躊躇されます。
考えて見ると
葬儀社を差し向けられたら
やはり普通の方は恐れを感じると思いますし
この様ないたずらを頻繁にされると
相当な恐怖を感じると思います。

私は、深夜にいたずらされたことで
営業妨害による被害届も出しました。

しかし、当事者である直接の被害者が届を出されないため、進展はありません。

そこで対策の一つとして、非通知電話を受け付けないことにしたのです。

確かに、非通知電話を受け付けないことによる損失もあるでしょう。
しかし、弊社に依頼される方は番号を通知され
気持ちよく依頼を頂ける方ばかりなので、これで良かった、と思います。

出来れば他の葬儀社の方も非通知電話にしてもらえれば
この様なケースに利用されることはない、と思うのですが…

冒頭にも記しましたが
弊社はお問い合わせされた皆様へ
後日のしつこい勧誘や迷惑電話は行いませんので、安心して番号通知にてお電話下さい。
これは、必ずお約束します。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬 寺院葬 自宅葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
akisousai@gmail.com
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
2020年07月06日 10:03

良心的な葬儀社を目指して 広島の家族葬 安芸葬祭 直葬 お葬式 親切な葬儀

外観240
皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール代表の河内です。
次回や反省も込めてますので
少しばかり長い文章になりました。
読むのがつらい方には
YouTube安芸葬祭チャンネルで
「良心的な葬儀屋とは…」で話します。
よろしければ、そちらをご覧下さい。


良心的な葬儀
こころを込めたお葬式


ある意味、葬儀屋としては当たり前なことですが
実は、非常に難しものです。

葬儀屋はご依頼いただく方に対して
全力で、そして一生懸命に
葬儀の仕事に取り組んでいるのは事実です。

弊社も
社員の仕事ぶりで
当家の方への対応を見て
手に取るように実感してます。
(うちの社員は、自慢しますが
歴代、本当によく頑張る人間であり、人間ばかりでした)…これは弊社の強味です。

さて、私は基本いい加減な人間です。

しかし、頑張る社員には口厳しく
申し付けることが多いです。

一見、矛盾したように感じられると思いますが
私は、この仕事を一生懸命やってきました。
それだけに、こうしたら、とか
こうすれば…とつい言います。

 しかし
一生懸命の中でも当家の方から
「もう二度とお宅にお願いしないからね」と
言われるミスが私にはありました。

そのミスは
今の私自身の糧になっており
社員にも、失敗談として内容はすべて話しています。

自分の許容範囲を超えたこと
また欲を出しすぎたこと。

その結果、知らず知らず
葬儀が、ただの仕事になり
喪主さんをはじめ、ご遺族や関係者が
見えていなかったのです。

若いとき
納棺させたら誰にも負けない…という
故人に対する強い拘りを持った時期がありました。

納棺時に
ご遺族など近しい人を集め一体感の演出に拘ったのです。

それが成功したというか
ご遺族に感謝されました。
正直…嬉しかったです。

しかし、そんなことは
正直、葬儀屋として当たり前です。
基本中の基本なんです。

それを当時は
「ワシは葬儀屋として凄い…」
と大きな勘違いをしていたのです。

勘違いは
時として傲慢になります。

30代の後半のことです。
自分よりも大先輩である方に対して
「葬儀のことなら、ワシの方がよく知っている」
という勘違いから、生意気な奴、と思われ
後に大きな批判を受けました。

それで反省すれば良いのに
一がいな性格が災いをもたらしたものです。

ある時など
「あんた生意気言うなら、葬儀をしてもらわんでいい。
よその葬儀屋に頼む。帰ってくれ…」と言われました。

反省しましたが、内心は
「なんでワシが、あがいなこと言われるんじゃ。
ワシゃ一生懸命頑張っているのに…」

すべてが空回りの連続です。

そこである人に言われました。
「今まで勢いで葬儀の仕事をしてきたんよ。
これからは、少し立ち止まって見るようにせんといけん」

この言葉で目が覚めました。

ご当家、ご遺族、すべての人に受け入れられる人間から
ご当家、ご遺族が何を要望されているのか…

その家、そのご遺族に合った葬儀…お葬式

それには聞く耳を持つこと。
それが足らないことに大きく気付きました。

葬儀、お葬式の知識…
一般の方より葬儀屋があるのは当たり前です。

しかし
その知識を自慢しても、そのご遺族や当家には
何ら必要ないことも、たくさんあります。

最近であれば
事情により直葬を希望されている方へ
宗教儀式の必要性を自慢気に話しても
そのご遺族は、直葬を選択しなければならない事情が存在するのです。

昔は、その事情がわからず
バカの一つ覚えのように「葬儀とは…お葬式とは…」を
独りよがりに語っていました。
考えてみれば、本当にバカです。

その様な葬儀社は
正直、良心的ではありません。

ご当家が、葬儀 お葬式をどうしようか…
ご当家には迷いがあり、どうするかの選択が出来ない…
その様な時に色々な事例を交え
親身になって話を聞ける葬儀屋…それが安芸葬祭です、と
思っていただける環境が必要で、そこが良心的な葬儀屋だと
私は思うのです。

墓地が寺院にある。
しかし、そのお寺さんとの付き合いは
今後は遠慮したい。
出来れば葬儀にも呼びたくない…

正直、葬儀屋として一番しんどい問い掛け
質問です。

一つ間違うと
大きな問題になります。

しかし、当家にとっては
そのお寺さんとの呪縛を解きたい。

私はある方法を提案しました。

その話は、YouTube安芸葬祭チャンネルで
話をしてみます。

今日は、私の自戒をこめて
恥を承知で過去の勘違い「良心的な葬儀屋とは」を綴りました。

葬儀屋は一生懸命にご当家に接することは
使命感であり、ある意味当たり前だと思います。

弊社は決して綺麗でスマートな葬儀屋ではありません。

しかし、広島で一番
ご当家に「後悔しないお葬式」を行える環境を作る
葬儀屋だと思っています。

まだまだ微力です。

しかし
このブログやホームページ
そしてYouTube安芸葬祭チャンネルを通して
お葬式 葬儀 家族葬 直葬などの情報を発信し
皆様のお役に立つ葬儀社、葬儀屋へ努力します。

疑問や質問、なんでも受け付けます。
メール・ファックス・電話にてお寄せ下さい。
///////////////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬 相続
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
FAX082-568-0118
///////////////////////////////////////////////////////////////////
 
2020年07月03日 10:48

広島の病院などで亡くなられた場合 広島市 家族葬 葬儀 お葬式 搬送 直葬 安芸葬祭

広島市の家族葬
お葬式 葬儀 葬祭 直葬 ご遺体の搬送
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島市東区山根町32番25号
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分


皆さんこんにちは。

安芸葬祭の代表
河内です。

今日の話は
病院などで亡くなられた場合
どうなるのか…どうすれば…
です。




「病院や老人施設などで亡くなられた場合
「どうしたらよいのか?」という相談を受けます。

その前に危篤状態になられた場合
「お身内の方は、すぐ来てください」と連絡があります。

広島市内に居住される近くにいる方は
すぐ準備ができますが
遠方にお住まいの方は
おいそれとすぐに駆けつけることは
難しい場合があります。

遠方にお住まいの方は
もしもの時を想定され
事前に病院や施設の方に、一言
以下の申し出をされた方が良いと思います。

「もしもの時は、すぐに来れない場合があります。
その時は葬儀屋さんに委任しても良いでしょうか?」と。

病院などにより
霊安室の無いところは
出来れば早くお迎えに来てほしい…
との思いがあります。

現在はコロナウイルスの影響で
お見舞いや面会の制限など
医療従事者の方も多忙を極められています。

そこで弊社では、その様な質問を受けた場合
「遠方ですぐに駆けつけることが難しい場合
事前に必ず病院などへ葬儀社に委任し
故人を迎えに来てもらっても良いものか…」
とお聞きしてください、とお伝えします。

中には、「ご遺族が来られるまで預かります」
と言われる所もあります。

遠方にお住まいで
すぐに広島市内に駆けつけることが出来ない方は
事前に「伝える」ということ冷静なときに頭に入れておいてください。
参考までに、緩和ケア病棟や老人施設などは
ご家族が来られるまで預かって頂けることが多いです。

亡くなられたとき
医師による死亡診断書の作成
看護師さんなどによるご遺体の清浄(約1時間程度)が行われます。

容態が悪くなられた時に
「もしもの時、お父様〈お母様)に
着せてあげたい服などありましたら、事前に用意してください」と
言われる場合もあります。

私も経験しましたが、
本人が「私が亡くなったら
この服(着物)を必ず棺に入れて」など
言われた場合など、忘れずに用意しておいた方が良いでしょう。

葬儀社への連絡は以下のことになります。

1、亡くなられた病院名や施設名
2、故人の氏名、住所
3、お迎えの時間(24時間受付)
4、どこに連れて帰るのか(自宅、葬儀会館)
などを伝えます。

自宅に連れて帰られる場合
マンションまたは一軒家などもお伝えください。

自宅にて用意していただくものは
故人を安置する布団があれば助かります。
生前使用されていたもので良いです。
(シーツの用意は大丈夫ですので必要ありません)

弊社の家族葬式場「エキキタホール」や
寺院会館などに直接行かれる場合は
何の用意もいりませんのでご安心ください。

/////////////////////////////////////////////////////////////
広島市の家族葬
お葬式 葬儀 葬祭 直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
TEL082-568-0115
/////////////////////////////////////////////////////////////
2020年06月26日 11:47

広島市でのお葬式を行う前に考えること 広島の家族葬 お葬式 直葬 安芸葬祭

皆さんこんにちは。
広島の家族葬
お葬式
直葬
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

お葬式を行う前に考えること、とは
どんなことか。

ご遺族を見ていたり
話を聞いてみて感じるのは

やはり
ご家族の意思を統一することです。

特に

1、宗旨宗派の確認

2、葬儀規模の確認

3、葬儀費用の確認


この3つがポイントになりますので説明いたします。
(この確認は非常に大切であり大事です)

1、宗旨宗派の確認

たまに家族間で行き違いが起こります。
故人が信仰と
家族の信仰が違う場合です。

このケース、大喧嘩に発展する場合と
穏やかに従われる場合に分かれます。

葬儀社の立場で言わせてもらうと
この宗旨宗派で最初に揉めると
お葬式は最後までスッキリしない形で進みます


それだけに、この問題は
ご家族間で必ず意思統一して
来るべき日を迎えてください。

そうでないと故人は成仏できませんし
お葬式後、ご家族も不愉快で不幸な日が
待っているかも知れません。

2、葬儀規模の確認

家族葬か
一般の方を呼ばれるお葬式なのか
ご兄弟で意見の違う場合があります。

「父(母)は生前、家族葬を希望していた」

「家族葬ですると後日大変なんだ…」

亡くなってから、この様な話になると
お葬式の段取り云々でなくなり
どの様な形で行うのか…が全く決まりません。

また納得いかない形で、どちらかに決まった場合
すっきりしない状態で通夜を迎えるために
これまた宗旨宗派で揉めるケース同様に
何かスッキリしないものになります。

参列された親戚の方も
雰囲気の悪い空気を感じ取られ
通夜終了後、
喪主様ひとり
ポツンと式場に残られることがあります。

この様なことにならぬよう
出来れば、生前にご家族での話し合いは必要と思います。


3、葬儀費用の確認

お金の話は
何事も大切であり、世の中の揉め事の大半は
お金なのが、この世の常です。

葬儀費用を兄弟で分割される場合
その分割で意見が割れるケースもあります。

また、親のお葬式に
香典を出す、出さないで
揉めることもあります。

その他
男性、女性で金銭感覚の違いから
揉める場合もあります。

中でも祭壇の金額では
よくトラブルになります。

喪主さんは
「簡素で良い」

しかし祭壇を見た兄弟さんは
「もうちょっと良いのは出来なかったのか…」
と言った声です。
(これは高い祭壇をしてください、でなく
人の考え方の相違ですので、誤解のないように)

喪主さんに直接意見できない兄弟の方は
葬儀社の私にクレームを言われる場合もあります。

「おたくは、こんな祭壇しか出来ないのか…」
と言われる場合と

「兄貴は、いったいいくらの費用を考えていたのか」
などです。

最近、事前相談が増えていますが
それでも
この様なケースが時折起こります。

昔は
長男は絶対…という
家風のある雰囲気が多かったのですが
最近は少しばかり事情が違うようです。

家族葬を行うことは
家族間で統一されているのですが
呼ばれる親戚を巡って問題が起こることもあります。

これなど
私たち第三者の前で語るのでなく
家族間で事前に話し合っておく方が
故人も辛いのではないでしょうか…
私は、そう思います。

最後に私事で恐縮ですが
両親を見送る前に
決めていたことがありました。

お葬式はすべて自分が仕切る。

そのことを兄弟に事前に伝え
役割分担を決めました。

遺影にする写真は弟が決める。

祭壇は妹に任せる。

葬儀費用は両親のお金ですべて納める。

細々した交渉事は長男の私が行う。

この4つを決め行いました。

結果…揉めることはなく
現在でも兄弟間の付き合いは継続しています。

お葬式は絶対に揉めないように…
そのためには、亡くなってからでは遅いので
普段の生活から
揉めない環境を作るようにしてくださいね。
宜しくお願い申し上げます。



本日は以上となります。
最後までのお付き合い
誠にありがとうございました。

/////////////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬
葬儀
お葬式
直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
////////////////////////////////////////////////////////////////






 
2020年06月20日 11:22

広島市のお葬式 友引の話  広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬 府中町 安芸葬祭

皆さんこんにちは。
今日は友引の葬儀、お葬式の話です。

広島の家族葬 府中町 葬儀 
お葬式 直葬 広島駅近く葬儀会館
安芸葬祭 家族葬会館エキキタホール
TEL082-568-0115



葬儀、お葬式の日が友引にあたる場合
気にされる人
気にされない人に
分かれます。

友引は「友を引く」と信じられ
葬儀には忌み嫌われています。

私は、この業界に入っているから
気にならないのですが
世間の人は気にされる方が多いですね。

広島は安芸門徒の地で
浄土真宗の門徒さんが多く
友引は迷信だから気にすることはないよ
と住職さんは言われます。
(この意味は最後に解明します)

しかし、中には非常に気にされる人が多いのも事実なのです。

私は父の葬儀を友引に行いました。
田舎の親戚(東広島市高屋町白市)からも異議は出ませんでした。
意外や田舎の人よりは
都心に住まれている人の方が
色々なことを気にされることが多く感じるのは
何故でしょうか…?

そこで思ったのは
田舎のほうが
寺院と門信徒の距離が近い…
ということです。


過疎化が叫ばれていますが
人口のわりに、人との接点は
都心より近いために
多くの身の回りの話を含め
仏事など冠婚葬祭の話がされている、気がします。


さて、友引の葬儀の話です。

あるお寺さんが
迷っているご遺族に言われました。
「避ける、避けないは、ご家族で決めて下さい。
ただこれだけは言っておきます。
友引を避けても、人間はいつか亡くなります」

実はこの話
ご遺族からお寺さんに
「友引に葬儀をしたら
故人が誰かを引っ張って
連れて行くんですよね?」との
問い掛けから出たものです。

眼に見えない力の話だけに
お寺さんがどう答えられるか注目したのですが
私は見事な解答だと思いました。

人間の死は
如何なることがあっても避けられない。
これは考えてみると
誰でもわかることです。

しかし、人間が生まれてからの教育課程で
「死」というものは避けられて来ました。

最近は、お葬式の話を
マスコミで頻繁に目にするようになりましたが
私がこの業界に入ったころ
完全なる「タブー」でした。

人間生まれてきたら
絶対の約束事のひとつに
「死」の存在は避けれない…ということは
よくよく考えると
誰もがわかる話です。
しかし誰もが
「死」は出来ることなら避けて生きたい…
そう思うものです。

友引や仏滅…
身内のお葬式の現実を迎えると
多くの方が敏感に反応されます。

余談ですが「仏滅」
仏が滅ぶとありますが
私が昔読んだ本に、以下のことが書いてありました。
仏滅の最初の語源は物滅であった」
物が滅ぶ…これなら納得しました。
仏が滅ぶ、正直おかしな話、と思っていたからです。
現在の仏滅になった経緯…これは六曜の語源を
誰かが変えた、のでは
ないのでしょうか?

最後に友引の語源には
勝負の決着がつかない
良くも悪くもないとされる日
、とあります。

もともとは「共引き」だったそうです。
陰陽道で
ある日ある方向に事を行うと
災いが共に及ぶ…

その様なことから
友を引く、という言葉が

故人が誰かをあの世に引き込む…
となった気がします。


友引で葬儀をどうしよう…と案じた場合
参考にしてみて下さい。
避けるも避けないも、最後はご遺族の判断です。

最後までお付き合い
ありがとうございました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬 府中町 葬儀 お葬式 直葬 広島駅近く葬儀会館
安芸葬祭 家族葬会館エキキタホール
TEL082-568-0115
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
2020年06月19日 09:46

広島市のお葬式の打ち合わせとは。広島の家族葬、葬儀、お葬式、直葬、寺院葬の安芸葬祭・エキキタホール

皆さんこんにちは。

広島の家族葬
葬儀、お葬式、直葬、寺院葬
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

今日は
お葬式の打ち合わせ
についてです。

最後まで宜しくお付き合いください。



亡くなられた場所から
ご遺体の安置が済むと
葬儀の打ち合わせに入ります。

葬儀(家族葬)の打ち合わせは
以下の項目になります。

●参列を予想される人数の把握
=葬儀場所を決める。

●通夜、葬儀の日時。

●喪主は誰が務めるのか。

●祭壇の規模や霊柩車の車種。

●遺影にする写真の選択。

●飲食の手配。

●火葬場に行くマイクロバスやタクシーの有無。

●湯かんの有無などです。

家族葬でなく対外的な葬儀を行われる方は
上記以外に必要な決め事の一部に

●帳場を誰にお願いするのか。

●会葬される人への御礼品の用意。

●香典や供花物を受けるのか、受けないのか。

●新聞などの訃報通知の有無などがあります。

上記以外にも

通夜や葬儀に出仕していただく
寺院などが
決まっている人、いない人

無宗教で行う方など

葬儀、お葬式(家族葬)を行うにあたり
必要なことを決めていくのが
お葬式の打ち合わせになります。

余談になりますが、
最近は
葬儀場での葬儀が主流になった為か
寺院が遠方でも
来広されるケースが多くなりました。

以前は、お葬式は突然の発生という
性質を持つため
法事など事前に日時が決定し
調整が付かないケースも多く
通夜や葬儀、お葬式は
広島で懇意にされている寺院を
紹介されることを良く見掛けました。

今でも
そのケースは有りますが

遠方の寺院の檀家さんや門徒さんは
「遠いから来られないでしょう…」と
自己判断するのでなく
必ず寺院に一報を入れる
ということを頭に入れておいて下さい。

また、事前に心構えが出来ている場合は
直接、寺院に相談してみること…
これが一番良いと
私は思います。



その他、寺院が決まっていない
と言われる方にお聞きするのは
墓地がどこにあるのか?
ということです。

このページを見られている方で
墓地がどこかの寺院にある…
そこへ納骨することが決定している…
そう言われる方には
その寺院に葬儀をお願いする…
とお伝えします。
これは、絶対条件ですから
覚えておいて下さい。

葬儀社へ寺院の紹介をお願いしたり
どこどこの寺院のお布施が安い、など
墓地が寺院にある場合は
後に納骨出来ない、などの
トラブルになりますから
お気をつけ下さい。

後日お困りになるのは
ご当家なんですから…
ご注意くださいね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ご質問などありましたら
お気軽にお電話やコメント
宜しくお願い申し上げます。

////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬
葬儀、お葬式、直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
/////////////////////////////////////////////////////////
 
2020年06月17日 16:00

広島市のお葬式の打ち合わせで良く耳にする言葉。広島の家族葬、葬儀、お葬式、直葬の安芸葬祭・エキキタホール

皆さんこんにちは。

広島の家族葬
広島の葬儀
広島のお葬式
広島の直葬
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

今日は
お葬式の打ち合わせなどで
よく耳にする言葉を紹介します。


家族葬を含め葬儀は
世間の人からすれば非日常的なことです。

私の知人は
「暑い(寒い)から忙しい?」とか
「葬儀費用は、いくら用意すれば良いの?」
というものが圧倒的に多いです。

また初対面の人に名刺を渡したりすると
、「葬儀屋さんは儲かるでしょう。
これから高齢化の波にのる業界ですよね…」
と言われます。



さて、今日は葬儀を行う際に
よく耳にする言葉を紹介してみます。



「お寺さんに電話で葬儀のお願いをするのは
何を伝えれば良いのでしょうか?」

「お寺さんへのお布施は
いくら包めば失礼はないのですか?」

「亡くなった連絡を
親戚全員に知らせず
ここにいる者だけで行いたいのです」

「小学生の孫は
学校を休ませて良いですかね?」

「通夜や葬儀は
和服?それとも洋服?」

「喪主以外の子供は
香典を出すのですか?」

「友引や仏滅は
葬儀を行って良いのですか?」

「戒名(法名)には
名前の一字が入りますかね?」

「みなさん、どのくらいの葬儀予算で行われますか?」

「主人が亡くなったら
絶対にこの写真を遺影にして欲しい、と言いました」

「うちのお父さん写真嫌いで
真っすぐ向いたものが無いのです」

「納骨はいつまで
すれば良いですか?」



葬儀は非日常的ではありますが

なかには、お孫さんを参列させるか否か
遺影にする写真をめぐる会話など
微笑ましい相談もあります。
弊社のユーチューブ
「安芸葬祭チャンネル」でも
色々な事例をご紹介しています


/////////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬
広島の葬儀
広島のお葬式
広島の直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
/////////////////////////////////////////////////////////////

 
2020年06月16日 00:59

広島市のお葬式事前相談は必要?不要?広島の家族葬、広島の葬儀、安芸葬祭・エキキタホール

マスコミmain用3
皆さんこんにちは。
広島の家族葬
広島の葬儀
広島のお葬式
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。


今日は事前相談についての話です。

最後までお付き合いを
宜しくお願い申し上げます。

ここ数年
葬儀社の会館に
事前相談を承ります
という看板が多く見えます。

終活ブームから来るのか
それとも
ただ単に時代の流れなのか…

事前相談は確かに増えています。

しかし
事前相談
最近始まったものでなく
実は30年以上も前からあったのです。

当時は
生前予約…と私は言っていました。

昔は自宅に出向いて相談を受けるというか
もしもの時、慌ただしいから
平常心の時にお葬式の内容を決める
その様な要望が多かったのです。
(あくまでも弊社の場合です)

しかし最近は
弊社などに来社され
直接会館の規模や予算を確認し
何社かの見積もりをもらう
という方が多いようです。


自宅でお葬式をしていた時代から
会館で行う時代の変化と思いますが
事前相談も少しばかり変わってきた、と
思います。


さて、事前相談で多い話は

1、もしもの時の手順

2、お葬式全般の費用

この2つが大きく占めます。

なかには
A,お寺さんを紹介してほしい

B,親族を呼ぶべきか

など、当家により相談には温度差があります。

なかでも最近、必ず聞かれますのが
コロナウイルス対策です。
終息したように感じるだけで
まだ、多くの方が不安に思われている現実はあります。

来社される方の大半は、弊社が現在取り組んでいる
コロナウイルス対策の概要をご存知ありません。

しかし、YouTubeを活用したライブ中継には
その瞬間、理解できなくても
後日になると「必要かも知れない」と言われます。

やはり録画機能もあり
もしその時に視聴できなくても
後日、見ることが出来るのが大きいのかも知れません。


また最近、事前相談を受けている私にも
大きな変化があります。

YouTubeを活用したライブ中継の話を含め
改めてお葬式への認識が
誰のためにお葬式を行うのか…
ここのところを重視される方が
実は凄く多い、ということが
話の流れで確信しました。

実は最近
お葬式の現場に出ていまして
その「誰のために」を重視されている
お客様に出会い、非常に敏感になりました。

弊社では
YouTubeで「安芸葬祭チャンネル」を設けています。

お客様には
もし時間があれば、一度ご覧になってください、と
お伝えします。

それは言い忘れが当然ある、ということもありますが
チャンネルで人間関係が出来たら良いな~
というのもあるからです。

事前相談が、これから先どの様に進んでいくのか
これもお葬式に不安を持たれた方が
行動して頂くから、私たちも大きなことに
気付きます。

お葬式で
間違いなく言えることは
昔と比較し
料金が不透明…ということが無くなった
そう思います。

葬儀社を料金で選択されるのか…

それとも
誰のためにお葬式を行うのか、という
お話しをお聞きし、納得される最高な形を
選択されるのか…

すべてはお客様の判断と思います。

弊社は、価格でなく
お葬式の内容を大切に
誰のために行うのか
そこをお客様にお聞きする
事前相談やお葬式を
大切にしていく所存です。

どうか
宜しくお願い申し上げます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

////////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬
広島の葬儀
広島のお葬式
安芸葬祭・家族葬会館 エキキタホール
TEL082-568-0115
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
/////////////////////////////////////////////////////////////
2020年06月15日 12:16