ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 合同供養墓遺骨無縁 ≫

新着情報

広島の家族葬、広島の葬儀、安芸葬祭・エキキタホールの高齢化、少子化、核家族に起こる遺骨の話


広島市の家族葬
広島の葬儀
安芸葬祭・エキキタホール

今日は
生前様々な理由から
孤独に亡くなられた方の
ご遺骨に関わる話です。

生きていれば起こらない
遺骨をめぐる話…

何気に人生模様が現れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人は亡くなると骨になる。

骨になると、当然のように墓に納める。

先祖代々の墓、新しく建立した墓…

墓に納骨することが
ある意味当たり前の光景であった。

その当たり前の光景が
徐々に消えていることは余り知られていない。

「遺骨をどうしたら良いのか…」
血を分けた兄弟姉妹がいても
亡くなると事情は大きく変わる。
葬儀は滞りなく終わるのだが
その後に「さて、この遺骨は誰が持って帰るものやら」
でひと悶着が起きることもある。


合同墓なる物はあるのだが
兄弟姉妹で意見が分かれ
「全く知らない人と一緒は可哀想…」の言葉で
遺骨の行き場が決まらないこともある。

しばらく寺院に預かってもらうも
未来永劫と言う訳にも行かない。

なぜなら、寺院に預ける人の中には
そこから暫くすれば
音信不通になることがあるからだ。

こうなると、寺院も誰彼の遺骨預りはお断りされる。

遺骨を預かってもらう場合
無料という訳にはいかない。

いくらかのお金は用意するべき。

相場はいくらであろうか…
私の知る限り
30万円くらいが多い。

その理由は
安易に預かると、引き取り手が無くなり
半永久的に寺院の預かりになるため
寺院も防衛策的に、相場を決められている。

お墓のある人には信じられない話かも知れないが
意外や
遺骨をホッタラカシにする家族があるのも事実。


それだけに
人間誰しも、お金には無関心ではないだけに
30万円出す人は遺骨を粗末にしないし
きちんと墓なり永代供養墓などを真剣に考えている人
と寺院も一先ず安心して預かることが出来るのだろう。

30万円を高いとか、言葉は悪いが難癖をつける人は
失礼だが遺骨を粗末にしたり、墓参りや先祖供養をしない人ではなかろうか。

話変わって先日、
半年預かっていた遺骨を親族に引き渡し納骨に立ち会った。

この遺骨は、火葬終了後に親族がいるのはわかったのだが
法的手続きを要したため、弊社で預かっていた。

納骨に立ち会われた親族が言われた。
「随分前に、あんたが亡くなったら、
この墓に入れてあげるからね、と約束していたんです。」

亡くなった人の生前を私は知らない。
しかし、この故人は行いが良かったのだろう。

なぜなら、「生き様は死に様」が世の常だからである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

広島市の家族葬
広島市の葬儀
安芸葬祭・エキキタホール
https://akisosai.com/
〒732-0048
広島市東区山根町32-25
TEL082-568-0115

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020年02月12日 16:06

広島市の自宅にお骨を置く…その事情とは 広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬 安芸葬祭

自宅にお骨を置く。
それも長期間…

その理由は、人様々な事情が見え隠れします。

1、お墓があるのに、納骨する時期に悩む。

このようなケース、実は多いですね。
12月や1月の寒い時期
大半の方が49日を目処に納骨されるのですが
「雪が降ったり、寒さが厳しいから
お墓に入れるのは可哀想…よって暖かくなってから納骨したい」
この考え、私は良いと思います。
49日に納骨する、というのは
絶対にしなければならない、という根拠もなく
あくまで一つの目安(49日は満中陰)なのです。

2、納骨したいが、墓を購入する予算がない。

月日が経ち
仏壇や押し入れなどに長期間
ご遺骨を置かれているケースもあります。
お墓や納骨堂の購入が難しい…
また、諸々の事情からお墓に入れることが出来ない
などの事情からです。

私は、この業界で働いているからか
ご遺骨をはじめ仏壇処分
葬儀に関するマナーなど
世間の方より深刻に思っていないのも事実です。

しかし、多くの方は
「粗末にしたら、あとで何か起こるのではないか?」と
不安を持たれます。
考えてみれば、不安になるのは仕方ないことです。

自宅に長期間
それも物のように乱雑に置き
埃だらけのご遺骨を見ると、これで良いのかな?と
思うのですが
その反対に、花や故人の嗜好品をお供えされ
大切にされている方を見ると
納骨することが必ずしも良し
とは思えないこともあります。

お墓や納骨堂の建立が事情により難しい方…
実は、火葬場に対して収骨する意思のないことを明確に示すことにより
遺骨の処理が可能なのです。

その様な方は、余程の理由があります。
その理由は
「今の状況であれば、お墓や納骨堂などの予算は立てれない。
しかし、遺骨は持ち帰らないと、後で何を言われるかわからない」
という事情も耳にします。

何事も逆算して考えろ…と誰かに言われました。
お墓→遺骨→火葬→葬儀(逆算したながれです)

例えば、葬儀を行い、火葬場に行き、遺骨になる。
その後、遺骨をどうするか?

お墓や納骨堂が決まっている人は心配いりません。
しかし、お墓や納骨堂のない人
予算的に厳しい人は
周りからの遺骨は拾わないといけない…などの声で
仕方なく遺骨を持ち帰るも
後日途方に暮れる…
その様な方を、私は見て来ました。

これからの高齢化社会
核家族化が進めば、最後に残るご遺骨をめぐり
上記のような問題は起こるでしょう。

弊社では、その様な「不安解消」に役立つ
アドバイスを考えてみました。

正直、これは…という解決策はないのですが
方法は話し合えば何とかなる、と思います。

もしもの時は
ご遠慮なくご連絡ください。

////////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
TEL082-568-0115
////////////////////////////////////////////////////////////
2019年10月31日 11:16

合同供養墓 合掌の杜安穏建設までの道のり

合掌の杜地図
墓地を経営するには、我々のような民間企業では許可がおりません。
その理由は、民間企業は倒産の危険が伴うからです。
よって宗教法人などの「倒産」と縁遠い法人格を もつ所が墓地の経営を許可されます。

よって、今回の「合掌の杜安穏」も宗教法人の国前寺さんが経営母体となり、広島県から許可をもらい販売しています。

さて、この「合掌の杜安穏」を販売するに至った経緯は、国前寺の境内にある墓地から「墓じまい」が起こったからです。
墓じまい…最近よく耳にされませんか?

墓じまいされる方の大きな理由は
1、墓守りをする後継者がいない。
2、いまある墓の場所が不便である。
3、墓地管理者とトラブルが起こった。
4、墓地が災害にあった。
などの理由が占めます。

国前寺でも、1の「墓守りをする後継者がいない」という人が、納骨堂へ移転され始めました。
そのときの理由が、「お宅に納骨堂のような施設があれば…」でした。

最近は寺離れも加速しており、葬儀も寺院による読経のない「直葬」も増加しています。

このままでは檀家離れも加速する可能性もあり、そこで境内の空地を宗旨、宗派を問わない永代供養墓の建設に踏み切ろう…となりました。

広島駅からも近く、いま…「エキキタ」と認知されている場所です。

お墓のことで将来を不安に思われている方は、一度見学してみて下さい。
2019年08月13日 07:32