広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら安芸葬祭

24時間365日対応。広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら当社へ。

ホーム ≫ 安芸葬祭のブログ ≫

新着情報

生活保護受給者の葬儀費用

生活保護を受給されている方が亡くなられた場合は、行政(生活保護係)が「葬儀費用の拠出」の判断を行います。

葬儀費用(葬祭基準額)は約20万円、その他には、ドライアイスや死亡診断書、火葬料金などの助成です。

当家の支出は、親族に関する費用(供花や飲食費、タクシーなど)が必要となります。

葬儀費用が拠出されないケースは、故人が原爆手帳を持っている場合。

なぜかというと…原爆手帳をお持ちの方が亡くなられた場合、すべての方に葬祭費用が弔慰金として約20万円(葬祭基準額と同額)が拠出されるからです。よって生活保護を受給し原爆手帳を持っている方は、生きているまでの金銭支援しか受けられないことになります。

その他、広島県内に居住の方でも生活保護の葬祭費が拠出されない行政もありますので、ご注意ください。

その理由は、亡くなった後の葬儀は残った親族が行うものであり、「生活」を保護する目的で支援するのが生活保護費であり、葬祭費用は「生活」に該当しないので拠出しない、という解釈です。

生活保護を受給されている方で葬祭費用が気になる場合は、必ず生活保護係の担当者へ連絡を入れ、支給が可能かを確認してください。
2019年09月20日 17:51

安芸葬祭の第二回「あき祭り」開催します

1568723196827
昨年は、弊社のエキキタホールで「お葬式説明会」をピュア会員様限定で開催しました。

今年は旧知のブンブン丸こと、元ヤクルトスワローズの中心選手であった池山隆寛氏と昨年までカープに在籍し、現在野球解説者として広島で活躍する天谷宗一郎氏をお迎えし、トークディナーショウを開催します。

只今、参加者を募集しております。
ご希望の方は、弊社までご連絡宜しくお願い申し上げます。
フリーダイヤル0120―33―4949
2019年09月17日 21:27

広島のお葬式で頑張ってくれました霊柩車…弊社を卒業します❗️葬儀 直葬 広島市家族葬 

DSC_0544_HORIZON
皆さんこんにちは。
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

霊柩車はお客様から料金を頂く車です。

弊社の社員が
気が付けば洗車やワックス
そして車内清掃といつも大切にしてくれています。

しかし
まだ使用できるのですが
料金を頂くため
買い替えの時期がやってきます。


平成17年から今日まで
多くの故人様の搬送業務に
昼夜を問わず頑張ってくれました。

父、母の時もお世話になっただけに
やはり愛着があります。

どこかの葬儀社に引き渡しされる予定らしいですが
まだまだ馬力はあるだけに
しっかり働く車と思います。

しかし、人間と同じく別れとなると
やはり寂しいものです。

本当に、お世話になりました。ありがとう‼️

//////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115

〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
TEL082-568-0115
//////////////////////////////////////////////////////
2019年09月17日 11:23

広島市の葬儀 お葬式に接して感じた話 安芸葬祭・エキキタホール 家族葬 直葬

綺麗ごとに聞こえるかもしれません。

しかし、こんな葬儀屋もいるのか…と聞いてください。

いまの日本、毎年どこかで大きな災害が起きます。

地震、土砂災害、台風などの大きな自然の驚異。

そして車による痛ましい事故。

また、理不尽なる虐待などによる殺人。

いじめや対人関係による自殺。

病気による「死」だけでなく、この世には様々な「死」と背中合わせに「生」が存在してします。

15年前だった、と記憶します。

交通事故で突然無くなられた方の通夜で、住職さんの法話がいまも印象に残っています。

「この世には、表と裏の存在が二つある。一つは海の波。波には、ご承知の方もおられるでしょうが、表と裏がある。私たちの正面に見える波は泡立て、見ようによっては綺麗に見える。しかし、波の裏側はどす黒く気味の悪い雰囲気を持っている。そして、もう一つの表と裏は…人間の生と死である。生きる、生きている、というのは表。そして今日の仏さん…昨日の昼までは元気に生きていた。しかし…いま…お通夜を迎えている。人間の人生は、まさしく生と死という表裏一体である、ということを皆さんは噛みしめてほしい。我々人間は、今日があるから明日もある…だから明日にしよう、と考える。しかし、人間には明日の保証というものはない、ということを心して欲しい。そことを身をもって教えてくれたのが、いま棺に入っている故人。今からの日暮らしを、今日参列していただいた皆さんは、他人事に考えるのでなく、明日は我が身と心していただきたい」


これまで何名の方の事故死、自殺、殺人、災害死に関わってきたのだろう。
そう思い日記を見た。

この仕事も36年になるが、不慮の死に立ち会った日には、「この様な葬儀では、お金の話が一番難しい。家族の精神状態が普通でなく、葬儀の話をするのが気が引ける。葬儀屋として一番しんどい。なんで自殺をしたんだろう…」

また、「今日の主人は幼子を残し自殺された。幼子は父の死を自覚していない。祭壇の準備をしていたら、幼子がお菓子をくれた。ありがとう…と言ったら、何とも言えない笑顔…そして、もう一つお菓子をくれた。何歳なん?と年をきくと、我が子と同じ年。つらいのぉ…」

「初めて殺人事件に遭遇した。殺されたのは3歳の子。やれん…ほんまに、やれん」

改めて思う。この仕事、ビジネスだけでの割り切りで出来るものではない。

これからも不慮の死は無くならないだろうが、できれば病死以外の不慮の死は、無くなる世の中であってほしい、と本気で願うものである。
2019年09月15日 16:30

広島市の家族葬会館安芸葬祭・エキキタホール スロープ完成しました。直葬 お葬式 葬儀

外観スロープ
先般ご案内させていただいておりました、入り口にスロープを設ける工事が終わりました。
これからは、車いすの方でも安心してエキキタホールをご利用いただけます。

簡単ではありますが、取り急ぎご報告まで。

 
☆☆☆ 広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・お葬式なら当社へ ☆☆☆
株式会社 安芸葬祭  家族葬専用会館 エキキタホール
安芸葬祭スタッフ
2019年09月10日 13:08

エキキタホール改装中

ご不便をお掛けしていましたエキキタホール…完成から一年たち
入り口にスロープを設ける工事に着手しました。

建設の最初の段階ではスロープを入れていたのですが、勾配が急なため、車いす利用の方は危ないという判断で完成後の様子を見ることにしました。
しかし、3段の階段でも不便な方が多く、これでは今後の会館利用に支障が出る、ということで今回工事に着手しました。

8月のお盆過ぎに始まった工事ですが、月末の天候不順で工事のできない日がありましたが、数日後には完成いたします。

ご近所の方に言われました。「やっとバリアフリーになったんだね…」

やはり時代の流れには逆らえませんね。
2019年09月04日 13:59

府中町にあった安芸葬祭です。

昨年6月に府中町から移転し一年の月日が経ちました。
府中町で創業したのが昭和47年5月。
昨年、縁あって現在の広島市東区山根町に移転しました。
電話番号も住所も変わり、過去に葬儀の依頼を受けたお客様から、「お宅は府中にあった安芸葬祭ですか…」と聞かれ「そうです。府中にあった安芸葬祭です」と、移転の説明をさせていただきます。

移転に際し、弊社のピュア会員さんや直近にお世話になった方へは連絡を入れたつもりですが、やはり約50年の歴史を歩ませていただくと無限大なお客様とのつながりがあったのだと、実感したものです。

安芸葬祭は広島駅・エキキタに家族葬会館「エキキタホール」を完備し、寺院や自宅などの出張葬儀にも対応しています。

もしもの時は…フリーダイヤル0120-33-4949またはTEL 082-568-0115までご連絡ください。
24時間受付対応しています。(なお、迷惑電話防止のため非通知電話はお受けしておりませんので、ご了承ください)
2019年09月01日 09:37

ひとり(独居)暮らしの方が亡くなると…

人間は「生きていると起きない問題」が、「亡くなると大きな問題」になることがあります。

中でも…独居の方、それも天涯孤独の方の場合に起こる可能性があります。

今日は実際にあったケースから…もし、ご自分にその可能性があるようであれば対策を講じておいた方がよいと思われます。

ある病院にて死亡され、病院側は故人の勤務先に連絡されました。なぜ勤務先なのか…
それは、事前に身内がいないということで、もしもの時の連絡先が勤務先だったからです。
勤務先は、故人を採用するとき親族の有無などを詳しく聞いておられませんでした。
そこで双方が話し合いのもと、病院が携帯電話の履歴から故人の友人の方に連絡を取られたのです。
遠方から広島まで駆けつけて来られた友人の方は、故人から生前に聞いていた記憶をたどり、親戚と思われる方に連絡をされました。
しかし、色よい返事はもらえません。
故人は遺留金をもっておられたのですが、相続人が見つからないため使用することもできません。
故人が生活保護でも受給していれば、行政の指導の監督下でトラブルも起きない方法を選択できるのですが、そうでなく、それなりのお金を遺されていたため「相続」が発生しており、「さてどうするものか…」と思案しました。

いつまでもご遺体を安置しておくにも時間的な限度もあり、火葬を行い骨壺に収めたい、と勤務先から紹介を受けた行政所書士さんに伝え火葬を行いました。後日、相続人らしき人が見つかった、という連絡を受けたものの、戸籍上の謄本から見つかっただけで、正式な手続きは今現在も済んでいません。

今回の場合、故人が遺留金を遺されていました。
相続人がおられたら何の問題も起こらないのですが、相続人や親族の方がおられないだけに使用することもできない。
厳密にいうと火葬も勝手にやってはいけないのでしょうが、ご遺体の状況がいつまでも置いておくことが出来ないので、専門家の指示を仰ぎ火葬だけ行いました。
生活保護の方であれば行政が指導監督してもらえますが、そうでない場合は慎重に行わないと、あとで相続人から何を言われるかわかりません。
安易に遺留金を使用した場合、お金だけに後にトラブルは必至です。
お骨も本来であれば遺すべきか迷うところですが、弊社の「合掌の杜安穏」で合葬できるため、相続人がみつからない場合でも大丈夫ということで収骨しました。

これをを読まれて「同じ境遇だ…」・「似たような人が私の友人にいる」など思われた方へのアドバイスです。

●友人、知人などの方に、親族がいるのかいないのかハッキリしておく。
●親族がいる場合、相続のルールを最低限知っておく。(誰かに相続の権利が発生するため)
●借家住まいの場合、契約時の保証人に自分のもしもの時を…話しておく。
●できれば、お金の話(印鑑、カード、通帳)も信用できる人に話しておく。
●司法書士、弁護士に相談する。
●遺言書(公正証書)を残しておく。

いらぬお世話かも知れませんが、それだけ人間が亡くなった場合…大事になるのです。
2019年08月22日 12:30

エキキタ 「まちづくり一斉清掃」に参加してきました。

01
毎月恒例の「まちづくり一斉清掃」に参加してきました。
先月(7月)は雨天中止となり、2ヶ月ぶりの一斉清掃でした。
清掃前には尾長地区連合町内の山城会長の挨拶ならびに篠原東区長の挨拶をいただきました。
近隣町内の方々や企業の方々が各持ち場へ、清掃用具を片手に約40分清掃を行います。
曇り空でしたが、おかげで直射日光を浴びることなく清掃作業が出来ました。

今回は、強豪女子ハンドボールチーム「イズミメイプルレッズ」の方たちも初参加で自分たちの受け持ち場所へ向かわれました。
快く写真を撮らせていただきありがとうございました。
※2019年4月より「広島メイプルレッズ」から「イズミメイプルレッズ」にチーム名を変更されています。

イズミメイプルレッズ公式HPはこちら

 
02
協賛企業
04
朝礼前
05
篠原東区長・山城会長 挨拶
06
朝礼の様子
07
イズミメイプルレッズさん 挨拶
メイプルレッズさん
イズミメイプルレッズから参加の方々
 
☆☆☆ 広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・お葬式なら当社へ ☆☆☆
株式会社 安芸葬祭  家族葬専用会館 エキキタホール
安芸葬祭スタッフ
2019年08月22日 10:26

自宅で突然亡くなった場合

元気な人が突然亡くなる…
人間の命は、いつ、果てるか全く予測できないものです。
もし、あなたが誰かの死に直面したら、最初にやることは、消防か警察のどちらかに連絡を入れます。
(ケースワーカーの方が発見された場合、マニュアルが存在するでしょうから、親族または医師や警察などへ迅速な手配が行われます)

掛り付けの医師がいれば、死因の状況把握ができますが、大半の方は元気な方が多く、突然死の場合は医師に掛かっていないケースも多く、警察による検死が行われます。
これは死因を特定するためで、かなりの時間を要する場合もあり、死因がはっきりしないときは、司法解剖が行われます。

第一発見者や家族などに、故人といつ連絡を取ったか、また掛り付けの医師がいたのか、など事情も聞かれます。

また、複雑な場合もあります。
死後数ヶ月たって発見された場合や自殺か他殺と特定できない場合です。
本人で100%間違いない…死後数ヶ月たった場合など本人のDNA鑑定が行われます。
もし人違いだったら大変なことになるからです。

いずれにしても、人間は病気で亡くなるとは限らず、このような突然死や自殺、事故などの、いつ、何が起こるがわからないものです。

慌てず、騒がず、落ち着いて…と言いましても、突然死は残された家族には、まさしく天国から地獄のようなもので、何から手を着けるのか、と混乱を来すのは事実です。

その様な時、我々葬儀社が身近な存在でアドバイスを行います。
葬儀費用を含め、お金の心配が先立つ人もいるでしょうが、まずは故人を安置する場所を確保することが大切です。警察の安置所は時間的な限りがあるからです。

その様な時は、まずお電話にてご相談ください。
24時間、対応致します。
フリーダイヤル0120―33―4949
株式会社安芸葬祭まで、ご連絡ください。
2019年08月21日 22:10