ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島市内近郊の家族葬の今とこれから 安芸葬祭 エキキタ... ≫

広島市内近郊の家族葬の今とこれから 安芸葬祭 エキキタホール 

300x300 (1)
皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
河内です。

コロナウイルスも
ワクチン接種が始まりましたが
まだこの先どの様になるのか
予断を許しませんが

広島市内近郊の葬儀、家族葬は
密を避け、ご家族や近親者の近い方で
気兼ねなく行われるご当家が多い
現状です。

多くの方が
故人と最期のお別れを
されていた葬儀から
ご家族や近親者の方で行われる
葬儀に移行するなかで
何が一番、大きく変わったのか…

それは
ご家族が故人とゆっくりとした
最期の別れが行われるという
ことだったと、私は思います。

故人の友人や知人…
また、ご近所や職場の関係者など
葬儀には有限無限の多くの方が
集うものでした。

ある意味、人間の死は大きな出来事。
故人と直接の関係が無い方でも
故人の子供さんや
親族を含めた付き合いから
連絡を聞きつけると
会葬に出向く習慣が
この日本社会では
当たり前として行われていました。

そのことにより
ご家族(遺族)は、悲しみの中にも
多くの人への気遣いや気苦労が重なり
故人とゆっくりとする最期の時間が
制約されたのは事実です。

以前は、葬儀終了後に
「何がどうなったのか、気が付くと
葬儀は終わっていました…」と言う声を
よく耳にしたものです。

最近は家族葬が主流になり
またコロナウイルスの影響から
人数も近しい人に限定されたことにより
故人とご家族だけの葬儀に
移行したことにより
故人と家族が思いのまま葬儀が
行える環境になったことは
本来の葬儀である…とも言えます。

思い出してみると
昔の葬儀は多くの人が集まることにより
「儀礼化」したものでした。
良い意味の儀礼化なら良いのですが
義理掛け…を履き違える人も
多数散見したものです。

本来は厳粛な葬儀の式場が
社交の場となる光景…

焼香が始まると多くの会葬者は
煙草を吸い出したり名刺交換が始まったり
無駄話がそこかしこで行われる。

静かに沈黙しているのは
ご遺族や親族、前列に座っている一般参列者のみ。

大半の方は焼香が始まると
葬儀の緊張が解けるように
雑談が始まったものです。

今の家族葬では考えられないことです。


家族葬は
最初こそ「非常識」と揶揄された葬儀でしたが
現在では日本全体で認知され
当たり前に行われるようになりました。

その原因には、上記の様な「儀礼化」した
過去の葬儀への批判もあったと思います。

さてコロナ過の現在
感染予防や密なることを避け
本当の家族のみで行われる葬儀になりました。

今後、完全なる終息は無いにしても
コロナ過が薄れた状況に戻った場合
葬儀は元に戻るのか?
この辺りは正直、読みづらいものです。

ただ言えることは
これからの葬儀も昔のように
大人数が集まる儀礼的な傾向は
大半の方が避けられると思います。

その理由の一つに
故人の高齢化による
社会的な付き合いの減少…
これが一つのワードになるように思います。


そのため、「故人の葬儀」という考えを
ご家族や多くの皆様が捉えた場合
「家族だけで葬儀を行おう」という考えが
自然に増える、と私は思います。

YouTube安芸葬祭チャンネル

・・・・・・・・・・・・
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島市東区山根町32-25
・・・・・・・・・・・・
2021年07月12日 10:06