ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島で葬儀のことを考えている方へ葬儀社として伝えること ≫

広島で葬儀のことを考えている方へ葬儀社として伝えること

こんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
河内です。

広島市近郊の
葬儀のことが気になる方へ


葬儀をどの様にすれば良いのか…

本当はこんなことを考えたくないが
はじめての経験である葬儀
何から手を付けて良いのか…
全く分からない。

その様な方へ
葬儀のイロハで述べます。

イ…亡くなられたらどこへ
故人を連れて帰るのか?


病院などで亡くなられると
葬儀社に連絡し
故人を迎えに来てもらいます。

大半の病院では
死亡後約1時間くらいで
葬儀社に来てもらって下さい…
というケースと
「葬儀屋さんに連絡をされ
何時ころに迎えに来れるのか
確認してください。
そして時間が決まったら
看護師詰め所に教えてください」
と言われます。

人の死は時間を問いません。

いつになるか予測も出来ないだけに
医師から「あと●日くらいでしょうか」
と言われた場合、慌てず騒がす、落ち着いて
行動してください。

亡くなられた連絡を葬儀社が受けた場合
「どちらに故人を連れて帰られますか」と
葬儀社は必ず聞きます。

故人を一度は自宅に連れて帰りたい…

自宅に連れて帰りたいが近所の目がある…

自宅には安置をする場所が確保できない…


その様な色々な事情が絡んでくるのが
もしもの時なのです。

医師から余命の宣告を受けた場合には
どこに故人を連れて帰るのか…
これを最初に決めておかなければなりません。
できれば近しい親族で相談してみて下さい。

最近は、葬儀社の会館に
直接来られるケースも増えています。

ロ、死亡届けを提出する

死亡届とは、亡くなられた時に病院などから
ご家族に渡される「死亡診断書」と
一緒になった1枚の用紙(A3)です。

病院などで死亡された場合
最初にご家族が受け取る
大切な物…それが「死亡診断書」です。

受け取られると
必ず以下の項目を確認してください。
1、故人の氏名
2、故人の性別
3、故人の生年月日
4、故人の死亡日時
5、故人の死亡場所(病院の住所)

以上の項目を必ず確認してください。

この項目が間違っていると
再度病院へ出向き訂正してもらわないと
死亡届を役所が受理してくれません。

次に、その「死亡診断書」と一緒になっています
「死亡届」には
ご家族が必要事項を記載し捺印します。

死亡届の記載内容の重要事項は以下の通りです。
1、故人の氏名、性別、生年月日
2、故人の死亡日時と死亡場所
3、故人の現住所(世帯主名)
4、故人の本籍地(筆頭者名)
5、届出人の住所
6、届出人の本籍(筆頭者名)
7、届出人の氏名、生年月日、続柄、連絡先
8、届出人の印鑑(シャチハタは使用できません)


これを記載してもらうことにより
火葬の行える火葬許可証の発行が出来ます。

この中で注意いただきたいのは本籍です。
本籍は移動ができますので
現在、どこに本籍があるのか
わからない場合は事前に役所にて謄本を
取るなどしておいて下さい。
謄本は後日に必要になる場合があります。

尚、この届は葬儀社が、ご家族に変わり
役所に提出をします。
これを「死亡届の提出」という業務になります。
死亡届は役所に提出すると返却はされませんので
葬儀社が必ず死亡診断書をコピーして
ご家族に渡します。

この「死亡診断書のコピー」は
葬儀後に、ご当家が行う
故人の死亡後手続きに必要になります。
■国民年金、厚生年金の手続き
■原爆被爆者手帳の葬祭の申請

ハ、遺影写真の用意
葬儀の時に遺影写真を用意します。
これはご家族がスナップ写真などから
選択されて決めます。

生前「お父さんらしい」写真を
ご用意しておいて下さい。

もし、故人に近しいご家族がいない方は
遺影写真を遺すのがベストなのか
葬儀の扱いにも注意が必要です。

良くあるのが
葬儀に遺影を用意したのは良いが
後日、誰が持って帰るのか…と
悩ましく思われることがあります。

葬儀には大きな額入り写真というのが
これまでの葬儀でしたが
最近は、後日の生活を考え
はがき大の写真にされる方もいます。

そのあたりを
よくご家族で相談して
葬儀社に遺影写真を
お願いするべきと思います。

本日はこの辺りで。
弊社の公式サイト

YouTube安芸葬祭チャンネル
2021年06月28日 09:15