広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら安芸葬祭

24時間365日対応。広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら当社へ。

ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島 家族葬 境内地の墓を管理する寺院の悩み 広島市 ... ≫

広島 家族葬 境内地の墓を管理する寺院の悩み 広島市 葬儀 安芸葬祭・エキキタホール

20200824393河内様2 (1)
皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

墓に納骨する意識は
昔も今も変わりはない
と思うのですが

最近は後継問題が
問題になって来ました。

昔から
「誰がこの墓を継承するのか…」
その様な話はあったのでしょが
「まあまあ…その話は…」
という感じで、出ては消えての繰り返しで
ある意味、「そのうち何とかなるわ…」的な
話に終始したのかも知れません。

しかし、最近は
意外や深刻な話になっている背景が
色濃く感じるようになりました。

今から墓を建てたい人

どうしようかと迷っている人

また、もしもの時
墓や墓地を考えることになりそうな人

少しばかり考えてもらいたい話を
します。

広島市内の寺院の中には
墓地管理者として
継承のハッキリしない境内地所有者に
頭を悩まされいます。

中でも県外におられる所有者が
突然、遺骨を持参され
「納骨を…」と事前の連絡もなしに
持参されるケースもあり
困惑したとも聞きます。

境内地の墓地が一般霊園と同じく
ただの墓地化している現実。

寺院境内に先祖代々の墓地がある方は
なぜ寺院に墓地があるのか…
そこは理解する必要がある、と思います。

寺院に墓地があるということ
これは、「その寺院の門徒や檀家です」
という意思表示になるのです。

葬儀や法要など
すべてそこの住職さんにお願いし
例え、県外に住まれていて「もしもの時」
その住職さんに必ず一報を入れ、指示を仰ぎます。

法名や戒名も、その境内地に墓地のある住職さんに
お願いするのが礼儀になります。

そして後日、遺骨を寺院に持参し
納骨の読経など法要を営んでもらう。

これが寺院の境内地に墓地のある方が
行う作法になります。

一般霊園にお墓がある方は
少しばかり事情が違ってきます。

その一つが
お寺さんを変えたり宗旨を変えることなど
ある意味、しばりが無くなります。

納骨や墓地は
基本的に墓地埋葬法という法律や
その所在地の条例の管轄下に置かれています。

そのなかで重視されるのは
墓地の継承者の存在です。

ここがハッキリしないと
後々、墓地管理者を困らす問題が起こります。

人が亡くなり、その亡くなった方が
墓地の名義人である場合は
名義変更の届け出を必ず
忘れないようにしてください。

そして寺院境内地の継承が
難しい状況になった場合
まずは、寺院に相談をしてみて下さい。

そこをうまく行うことにより
離檀料などの問題も回避できること
頭に入れておいて下さい。

尚、墓地に立つお墓を事情から撤去する場合
その費用は所有者である皆様の負担になります。

寺院境内にある墓地の問題で悩まれたら
必ず、その寺院に相談する…
これは忘れないようにして下さい。

広島市 家族葬 広島 葬儀 安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島市東区山根町32-25
2021年02月28日 08:22