広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら安芸葬祭

24時間365日対応。広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら当社へ。

ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島 家族葬 ご遺骨を預かり思うこと 広島 葬儀 独居... ≫

広島 家族葬 ご遺骨を預かり思うこと 広島 葬儀 独居 安芸葬祭・エキキタホール

20200824393河内様2 (1)
皆さんこんにちは。

「ここまでしてもらえるのか…」
その様に毎日、葬儀を通して
何が出来るのか…
何を喜んでもらえるのか…
そう毎日考えている

広島の葬儀社
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

葬儀の仕事の奥深さは
時代と共に感じます。

昔の葬儀は
家族や親戚の方がいて
当たり前のように
葬儀を行う環境が整っていました。


しかしその逆に
昔から
親戚の人が居ても
家族が居ても
葬儀を行ってもらえない
人も存在しました。

例えば、生活保護を受給されている方
この様な方のなかには
家族と生き別れたり
兄弟と疎遠になったりで
色々な事情から
葬儀に誰も立ち会われないケースもあります。

その様な方は
行政から
「身寄りはおられませんから
火葬していただき、遺骨を役所指定の場所に
納骨してください…」と
事務的な流れに粛々と行っていたのです。

しかし、私も歳を重ねるなか
その様な事務的な仕事の中にも
何となく事務的に行えない葬儀に
感じ出したのです。

その理由を説明すると
長い時間を要しますから
やめておきますが

葬儀社として出来ること
ある意味、私の自己満足な時間かも
知れませんが、一人の人を荼毘に附す
責任の下、エキキタホールの中で
対処しています。

話、変わりまして
現在ある事情から
数名の方のご遺骨を預かっています。

その中のお一人の方は
生前に交友関係が広かったのでしょう。
亡くなられた後日に
たくさんの友人の方がお参りに来られます。
(この様なケースは珍しいのです)

そのなかで本来は
ご家族が触れる
故人生前の思い出を聞くことにより
この方の遺骨を預かって本当に良かった…
と思うものです。

後日に、お一人、お一人のご遺骨は
指定された墓地に埋葬されるのですが
それまでは、私の部屋の仏壇のある場所に
安置し責任をもって預ります。

ご遺骨を預かることで
毎日、給仕が日課になり
どんなに忙しくても欠かすことなく
ある意味、日課と自己鍛錬の場にもなりました。

そして、遺骨を預かり強く思うのは
「人間、どんな人でも
遺骨になったら皆、平等…」
ということです。

これからも、多くの方を縁として
徳を積めるように生きて行きたい…
ご遺骨を預かり思うものです。

今日もお付き合い
ありがとうございました。

広島 家族葬 広島市 葬儀 安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島市東区山根町32-25
2021年02月15日 08:03

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文