広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら安芸葬祭

24時間365日対応。広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら当社へ。

ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島 家族葬 直葬 一日葬は昔からあった葬儀です 広島... ≫

広島 家族葬 直葬 一日葬は昔からあった葬儀です 広島 葬儀 安芸葬祭・エキキタホール

20200824393河内様2 (1)
皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

葬儀をワードで検索すると
「一日葬」というものがあります。

この「一日葬」は
よくよく考えると
昔から行われていた葬儀なのです。


広島近郊に故人の親族がおられず
身元確認の来広に時間を要すも
到着後、火葬前に葬儀の体裁を
整える。

この様な葬儀が
よくありました。

一日葬とは
これとは少し事情が違うのですが
通夜の読経はなく
葬儀の時だけに読経、または
友人葬の様な形態を取るものですから
同種の葬儀になります。


そう考えると
「直葬」・「家族葬」・「一日葬」と
ネーミング化した最近の葬儀は
よく考えると、昔は「密葬」と
一括りされていた葬儀です。
(厳密には「密葬」は意味が違うのですが…)

さて、実は弊社
警察関係の仕事が多かった時代が
ありました。

今は どこの葬儀社も
棺だけを持参すれば良いので
苦痛に感じないでしょうが

昔は、大半の葬儀社が警察関係のご遺体を
嫌がっていました。

なぜか…
自殺、事故死…
その状態を処置しなければならないからです。

警察官も人の子…
本当は、そんなことしたくありません。
内心…「葬儀屋の仕事」と思うでしょうが
葬儀屋さんでその様な仕事を出来る人は
限られていました。

最近の葬儀屋さんは出来ないと思います。

今でも弊社には
警察関係(自殺、事故死)のご遺体に対処できる
独自のカバンがあります。

色々な事案のご遺体を
亡き父と私で…警察の霊安室で格闘していたのを
思い出す、ある意味、思い出の詰まったカバン。

警察の方に、お世話になる仏さんの大半は
ある事情から、親族と疎遠になっている方が
非常に多く、その度に…
「畳の上では死ねない」という
言葉を思い出しました。

それだけに
葬儀を行うというよりも
親族に引き取ってもらえることが
幸せ…そのように
感じていました。

また当時は、警察の霊安室から
直接火葬場に行く
今で言う「直葬」が主だったのですが
一応、ご親戚は
「田舎に帰って本葬を行うから…」と
どの方も言われてました。

それは、当時の葬儀に対する
今とは違う「温度差」があったからだと思います。

今の葬儀に対する思いに比較し
当時は、如何なる形でも「葬儀」という
体裁を取らないといけない
対外的な雰囲気があったのは事実。

対照的に
ご当家のなかには
「最後だから祭壇をしてやりたい…」
ご遺骨にしてでなく
ご遺体のある状況で
その様に言われる方もありました。

当時は「密葬」と言ってましたが
今でいう「家族葬」です。



改めてそう考えると
葬儀事態の基本は
昔から変わることなく
現在進行形で進んでいるのですが
葬儀の行い方に
直葬や一日葬、家族葬と
わかりやすくネーミングが付けられた…
ということかも知れません。

今日も最後までのお付き合い
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・
広島 家族葬 広島 葬儀
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島市東区山根町32-25
・・・・・・・・・・・・・
2021年02月04日 09:47

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文