ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島 家族葬 誰しもが普段は興味は無いが 齢を重ねると... ≫

広島 家族葬 誰しもが普段は興味は無いが 齢を重ねると気になる葬儀の話 安芸葬祭

代表取締役 河内光浩の似顔絵
皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

今年はコロナウイルスの影響で
頻繁には行っていませんが

葬儀説明会の開催…
と宣伝しましたら
約30名の方が来場されます。

今では各地の葬儀屋さんが
ホールや会館でセミナー形式や
イベント企画として
葬儀場見学など行う際に
必ず…お葬式の話が
説明会と称して行われます。

実は弊社
平成15年に
とある集会所を借りて行ったところ
約15名の方が参加されたとのを機に
広島市にある東区文化センターに会場を借り
行って来ました。

そこでわかったのは
意外や葬儀の話には多くの人が関心がある
ということでした。

その時代、その時代により
葬儀の話も変化します。

最初に始めた頃は
家族葬が浸透していない時代。
「そんな葬儀は出来ない…」
という声が多数を占めたものです。

ところが現在は
コロナウイルスの影響で
葬儀はどうなっているのか…

そこに多くの方が
関心を持たれています。

志村けんさんや岡江久美子さんの死が
テレビで報道され
コロナウイルスによる葬儀が
私の想像以上に
世間の方には賛否があったのも
わかりました。

広島市内でも3名の方が
コロナウイルスで亡くなられました。

広島市から
葬儀業者に対するマニュアルによる
指示(火葬場関係)が出ていますが
一部には「風評被害」という文言もあり
まだ、コロナウイルスによる葬儀には
不確実なものがあります。

それだけに、コロナウイルスが終息するまで
葬儀もどの様な方向性に進むのか…

また、コロナウイルス終息後に葬儀は
どのような行われ方をするのか
正直、見通しは立ちません。


家族葬や直葬が主流になっている葬儀ですが
直葬に限りは、弊社では
コロナウイルスの影響でも少ないのは実情です。

今後の状況で関心が高まる一つに
孤独死などの身寄りにいない方
そして親戚はいるが全く疎遠になり
葬儀への参列が見込めない
状況の方などの葬儀。

葬儀社として
検討していかなければならない
と思います。

火葬後の遺骨の引取りなど
少しずつですが変化が起きています。

その証拠に
弊社にてご遺骨を預かる
ケースも多くなりました。

30年前と明らかに葬儀社の仕事も
変わっていると実感することの一つです。

人口減少や少子化、核家族化…
それによりライフスタイルも変化し
葬儀も大きく変化しました。。

今後も、その様なことも頭に入れ
葬儀への関心を示す方へ
問題提起していくような
葬儀説明会を行っていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・
広島 家族葬 葬儀 直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
・・・・・・・・・・・・・・
2020年11月22日 08:54