ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島 葬儀 家族葬 ご遺骨を一つの壺にまとめるには 安... ≫

広島 葬儀 家族葬 ご遺骨を一つの壺にまとめるには 安芸葬祭・エキキタホール  

代表取締役 河内光浩の似顔絵
皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

最近、多いのは
墓じまいにより
ご遺骨を一つの壺に
まとめる依頼です。

お墓から納骨檀などに
移転するケースが一番多く
その理由は
家督相続が出来ないことに
よるものです。

お墓より出した骨壺は
長い年月を得ており
風化している物が沢山あります。

最近の骨壺の主流は
表面が艶出しが施されているため
洗うと綺麗になりますが
昭和のはじめや
大正時代の物は
艶消しの素焼きの骨壺が大半で
汚れや劣化しているため
新しい骨壺に入れ替えを
希望されます。

素材的には
昔の骨壺が良いのですが
墓地は屋外の為、墓石の熱や
温度や湿度で骨壺は痛みます。
これは仕方のないことです。

お墓からお墓へ移転する方は
広島では少なくなり
大半の方が
納骨堂や合葬墓(樹木葬墓地)などに
移転されます。

戦地で亡くなられた方の骨壺には
遺骨でなく、遺品やその地の砂などが
遺骨の代わりに納められています。

ご家族の中には、骨壺に遺骨をまとめるとき
遺骨より土に拘りを持たれる場合もあります。

しかし、
お墓の事情も随分変わりました。

私が納骨などで立ち会う場合
従来の墓でなく、納骨堂や合葬墓が
圧倒的に多くなりました。

その理由は冒頭で述べましたが
家督の問題が一番、多いです。

子供さんがすべて女の子で…とか
子供は見てくれるだろうが
その後の孫などに迷惑を掛けたくない…など
理由は色々ですが
自分たちが元気なうちに
何とかしておきたい…と皆さん口にされます。

葬儀も同様ですが
以前と比較すると大きく変わった
と思います。

今日は6寸(縦が約18センチ)の壺に
3柱の遺骨と砂を合葬しました。

火葬されたご遺骨は
年数に関係なく
小さくまとめることが出来ます。

余談ですが
最近は少なくなりましたが
土葬されたご遺骨を何らかの事情により
取り出す場合、墓地埋葬法で火葬を行います。

その場合、役所にて
火葬許可証を発行してもらい
火葬場にて焼骨します。

その後に納骨手続きを行います。

改葬や遺骨の移動には
法的手続きなどを要することが多いため
ご不明なことがありましたら
現在、墓地のある管理事務所や
弊社までお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・
広島 家族葬 葬儀 直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
・・・・・・・・・・・・
2020年11月18日 15:18