ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島 安芸葬祭の経営理念 家族葬 葬儀 コロナウイルス... ≫

広島 安芸葬祭の経営理念 家族葬 葬儀 コロナウイルス対策葬儀

代表取締役 河内光浩の似顔絵
皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

弊社の経営理念を
コンサルタントの方から
時間を掛けて良いから
しっかり考えてください
と宿題を与えられています。



弊社は昭和47年に
広島県安芸郡府中町にて創業し
今年で48年目を迎えました。

私の父が創業者の方から
譲渡を受けたのは
昭和59年。
私は、その年の10月に入社し
葬儀屋稼業36年目。

父である先代は
「この仕事は親切、丁寧は当たり前。
遺体を触る職業で、世間からは葬儀屋とバカに
されたり、卑下されることもあるが
誰にも出来ない尊い仕事だから
そこを忘れるな…」
と言われました。


確かに、昭和59年当時は
胸を張って葬儀屋です…とは
正直、言いにくい環境があり

仕事以外で会う人に名刺を渡すと
一瞬、表情が微妙に変化するのを
よく見受けたものです。

ある時は
「出来れば知り合いになりたくない職業だね…」
と冗談か本気か
わからない言葉も投げられました。


まあ、よくもここまで
見下すものよ…と正直
思ったものです。


中でも一番衝撃だったのは
故人を縁とする
葬儀屋さんと住職さんでは
ご当家の対応が
まるっきり違うことでした。

お寺さんが来られたら
ご当家の対応は180度変わる…
その現実に
葬儀屋って辛い気持ちになるもんだ…
とショックを受けたことは
一度や二度ではありません。



そんな悶々とした中
20代後半のとき
あるご婦人の言葉に
嬉しい気持ちになりました。

「若いのに立派じゃね。
人の死を縁として
しっかり徳を積みんさいよ…」


短い言葉でしたが
これは非常に有り難い言葉で
凄く心地よいものとなり
今でも忘れることが出来ない
名言です。


それまでのわだかまりが
本当に消えました。

それから
妙な自信が付き
「ワシは葬儀屋じゃ。誰にも出来んことを
一生懸命やる葬儀屋じゃ…」

今日までこの思いで来ました。

時代が流れ現在
昔の様な卑下された環境は
ほとんど無くなり
胸を張り堂々と仕事に励んでいます。

その様な変遷を得て
葬儀社としての一つの信念が出来たものです。

それは
葬儀を縁として
葬儀後のお付き合いを深める葬儀社へ…


これが弊社には一番大切な信念
まさしく経営理念だと
思いました。

葬儀で縁が出来たご当家と
葬儀後も縁を繋げること…

中には、葬儀が終了したら
もう葬儀屋さんと会いたくない…
そう言われる方もあります。

しかし、葬儀後も
私や社員を頼ってもらえる人が
最近、少しずつではありますが
増えている気がします。

墓じまいや仏壇の始末に
相続に関する相談。

中には土地売買で
不動産屋さんを紹介して欲しい…
とか
引っ越し業者の紹介などもありました。

これこそ
葬儀から始まったご縁を
葬儀終了後も
お付き合いを深めることで
困ったときに
頼りにしてもらえる存在。

そうなれば
冒頭にお話した
過去の葬儀社の負の遺産も帳消し
前向きに堂々と葬儀社として
ぶれずに生きて行けます。

葬儀は人間として生きてきた
最後のラストステージ。

そのステージを得て
ご当家は新しいスタートをされます。

その次のステージに
微に入り細に入った
葬儀社しか出来ないご縁を
これからも考えて行きたい、と思います。

弊社の経営理念

葬儀を縁として
葬儀後のお付き合いを深める葬儀社へ



宜しくお願い申し上げます。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・
広島 家族葬 葬儀 直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115 
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
・・・・・・・・・・・・・・・
2020年11月17日 08:22