ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島市 家族葬を自宅で行えます 葬儀 直葬 安芸葬祭・... ≫

広島市 家族葬を自宅で行えます 葬儀 直葬 安芸葬祭・エキキタホール

代表取締役 河内光浩の似顔絵
皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

自宅での家族葬…
考えてはいるたが
周りのことを考えて
仕方なしに葬儀場を選択した
と言う方は多いようです。

住み慣れた自宅に
せめて一度は帰りたい…

昔は当たり前だった自宅での葬儀。

本当に少なくなったのも事実ですが
その大半は、葬儀社が葬儀場が便利とか
誘導していることも往々にして
あるのかも知れません。

例えば、故人を自宅に連れて帰る場合
どこに安置するのか…と言うことから
始まります。

6畳の部屋にベットがある場合
ベッドを移動するのが難しい場合
そこに寝かせてあげます。

仏壇が無い場合
仏壇に変わるものを葬儀社が用意します。

タンスやテレビの移動
可能であれば移動しますが
難しい場合、そのままでも大丈夫です。

故人を部屋に入れるのが
物理的に難しい場合
取り敢えず、目視などして可能か否かを
判断します。

実は物理的に難しいのは
故人を安置したり、棺に納まり出棺するときの
部屋の構造になります。

なかには玄関から出せないことは
意外や多いのです。

その場合、庭などから出るのですが
その庭も植木など固定物があるために
難儀をする場合があります。

以前、ご当家の了解を取り
ガレージへご遺体のみを出して
そこで納棺をし、最後のお別れをしてもらいました。

これらも全て
どうしても自宅で葬儀を行いたい希望から
問題なく行えました。

昔は、本当にその様なことが
頻繁に葬儀ではあったのです。

さて結論です。
自宅での葬儀は可能です。

問題は
葬儀社が受けるか
受けないかです。

中には葬儀場ありきの葬儀社もありますから
何社かに問い合わせるのが良いと思います。

ただし、
上記に申しましたように
自宅の構造などで
ご遺体の安置や出棺で
難しい問題があることは
頭に入れておいて下さい。

皆さんは
自宅に入る時
立って入るでしょう…

ご遺体は
そうではなく
寝かせた状態で
担架で入るため
生きている人と
物理的にまったく違う
ということを頭に入れて
おいて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・
広島 葬儀 家族葬 自宅 直葬
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
・・・・・・・・・・・・・・・
2020年11月13日 08:39