ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 葬儀社には葬儀スタイルの特徴があります 広島 家族葬 直葬 ≫

葬儀社には葬儀スタイルの特徴があります 広島 家族葬 直葬

代表取締役 河内光浩の似顔絵
皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

葬儀社には
家族葬専門
直葬専門
と言った感じで
すべての葬儀社により得意分野と
そうでない分野があります。

先日お世話になっている住職さんが
「某社は寺院での葬儀が
不慣れな社員が先日、準備に来た。
普通であれば数時間で終わる作業が
通夜開始の1時間前だったから間に合うのかと
冷や冷やしたよ」と言われました。

実は最近の葬儀社には
その様に会館以外での葬儀に
不慣れな人が多い、と聞きます。

その要因は
葬儀が自宅や寺院から
会館に移行したためです。

自宅や寺院の葬儀は
祭壇を一から組み立てる作業になります。

大半の葬儀社は
年間、数回しかない自宅や寺院の葬儀に
駆り出されると、全てが勝手が違うため
経験の少ない人には、場所により
難解な作業になります。

幕を押しピンで装飾していく作業も
会館葬儀では、まず行いませんから
天井の素材によれば、外れたりの悪戦苦闘が
待ち受けたりします。

そう考えると私は
昭和の時代から葬儀の仕事に携わって来ましたので
まだ、少々の葬儀では身体が憶えてくれており
自宅や寺院葬儀は苦になりません。


その様に葬儀屋さんでも
会社により色々な特徴がある
ということを知ってください。

もしこれを見て
「そう言えば、自宅の家族葬をお願いしたら
会館の方が駐車場や利便性が良いから
いまの時代、自宅で葬儀をされる人は少ないですよ」
などと会館葬儀を勧められた方…いませんか。
恐らく、上記の理由だと思います。

最近、弊社では自宅での家族葬を希望される方が
時折ですが増えています。

自宅内を葬儀式場にして
外観は、葬儀を行っている雰囲気を
一切、出さないのが最近の主流です。

ご近所の方も
「家族葬で行います」と伝えると
ご理解頂け、参列も自粛されます。

コロナウイルス騒動から
参列者の減少から
「この人数なら葬儀場で行わなくても」
と自宅葬儀を希望される方は言われます。


また寺院葬儀は
寺院の仏具などを移動し
葬儀準備に入ります。

これは非常に気を遣いますが
寺院本堂での葬儀は
やはり荘厳さが
葬儀場とは比較になりません。

信仰心の篤かった方が
「自分の葬儀は寺院で…」と遺されたケースから
行われるのが寺院葬儀の特徴です。

今日は弊社
安芸葬祭にご依頼いただく
葬儀の特徴でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
広島 家族葬 葬儀 直葬 コロナウイルス対策葬儀
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020年10月04日 10:26