広島市 府中町 広島駅近くの家族葬会館 葬儀 安芸葬祭 エキキタホール

24時間365日対応。広島市・広島駅近くの家族葬会館・寺院葬儀・自宅葬儀は当社までご連絡ください。

ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島の葬儀で日々感じること 無縁の人は実はいないのです... ≫

広島の葬儀で日々感じること 無縁の人は実はいないのです 広島市 家族葬 安芸葬祭

皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

今日の話は
無縁の人はいない…です。

たまに
天涯孤独とか
親戚はこの世にいない、など
うそぶく人がいます。

人生色々とは言いますが
皆、この世に生を受けたとき
必ず誰かが存在したものです。

その後
父母、兄弟、家族との縁が結ばれ
当然、誰かが亡くなり、周りを見渡すと
自分ひとり…になっていた。
その様なことは
誰しもが辿る可能性があるのが人生です。

先日、全く身寄りのいない方の葬儀を行いました。

病院から連絡を頂き
「故人様は誰も見送る方がいないのです…」
そう言われました。

しかし
病院にお迎えに行くと
10名くらいの看護師さんが故人と一緒におられました。

「●●さん、葬儀屋さんが来ちゃったよ。お別れじゃね。
いいとこに行きんさいよ。迷わずお父さん、お母さんの所に行くんよ」
ある看護師さんが言われました。

この言葉、本当に良い言葉に聞こえたものです。
「お父さん、お母さんの所に…」
このフレーズが
思わずジーン、と来ました。


お父さん、お母さん
この言葉、ここまで響きの良いものとは…
そして、なんとも言えない慈悲を感じ取ったものです。

その後、弊社のエキキタホールに安置し
社員と一緒に納棺をしました。

その時、故人様の顔を見て
「うわー、この人いい顔されているわ…」
本心からそう思い、社員に言いました。

死に顔が良い人…
私の思いですが、良い死に様です。

親族によるお見送りは無いのですが、この方は
この世を自分なりに謳歌され、自分の役目を終えられた。
私の勝手な解釈ですが、そう思います。

一夜、故人さんを安置し
次の日、荼毘に附しました。

火葬場に到着し、職員さんから
「親族がおられませんが、宜しければ代表して焼香をしてあげてください」
この言葉が、なぜか心地よく爽やかに聞こえました。

いつもであれば、「いや、ワシは葬儀屋だから、いいよ」と
一言申していたでしょうが、今回は素直に焼香所に進んだものです。

火葬炉まで誘導され付き添い
故人が炉に入るところまで付き合いながら
不思議な思いに駆られて来たものです。

(一回も話ことないのに
亡くなって初めて…それも
死に顔に接しただけなのに
何なんだろう…この空気、この雰囲気は…)
本当に何とも言えないものがありました。

「火葬終了まで約90分あります。
収骨をしましてご遺骨を引き渡します」
職員さんから伝えられ
そこで一旦、火葬場から帰社しました。
その道中、(なんか知らんが爽やかに思うな…)と独り言をいったものです。

いま故人様のご遺骨は
弊社の私の部屋にあります。
連休が明けたら、指定された場所にご遺骨を持参するのですが
今回の無縁の故人様
親族は確かにおられませんでしたが
病院の看護師さんはじめ関係者の方が約10名
弊社の安芸葬祭関係者が4名
火葬場の職員さんが3名

合わせて約20名くらいの方が関係されました。

そこで思ったものです。

無縁…天涯孤独…誰もいない葬儀…
実は、そのような葬儀は無いのだと…

誰かが、何らかの役目があれど
その人の死に関わり、それぞれが立場で最後のお別れをしてくれる…
恥ずかしながら
そう気付いたものです。

もし、このブログを読まれている
広島市内在住の天涯孤独な方…
そして多くの
「ワシが死んだら誰もいない…」と思われている方
実は、最期は必ず誰かが見送ってくれるのです。

そこは安心してください。

今日もお付き合いありがとうございました。

////////////////////////////////////////////////////////
広島市 家族葬 葬儀 天涯孤独 直葬 火葬場 
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
////////////////////////////////////////////////////////
2020年07月24日 09:19