ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 広島の家族葬でワシの葬儀はいくらかかる 事前相談 お葬... ≫

広島の家族葬でワシの葬儀はいくらかかる 事前相談 お葬式 費用 広島 安芸葬祭

皆さんこんにちは。
安芸葬祭・エキキタホール
代表の河内です。

先日のこと
葬儀の現場である寺院で片づけ作業をしていましたら
今から33年前に葬儀のご縁をいただいた方に出会いました。

「今日、お寺さんに相談があったから来たんだが
安芸葬祭のトラックがあるから
これも何かの縁じゃ、と思ったのよ。
ワシも75歳になった。
ボチボチ葬儀のことが気になってね。
参列者も数名、家族だけで
このお寺さんで通夜と葬儀をしたい。
祭壇などは要らない。
葬儀に絶対いるものを用意してもらうと
いくら葬儀費用が掛かるのか…」
と言う相談でした。

最近、本当に増えてます…

「華美にしてもらいたくない。
必要なもので送ってほしい」という声

葬儀社として見ると
正直、痛い話です。
しかし、葬儀に対する世間の方の「意識」を
やはり真摯に受け止めなければいけません。

葬儀が華美というのは
それぞれの人の思いで当然違います。

「親父は一生懸命がんばってきた。
だから最後は盛大に送ってやりたい…」

この盛大…という言葉。
言葉だけで見ると、派手な葬儀に思えます。

祭壇やお棺を良いもの…

多くの人に最後のお別れをしてもらいたい…

家族葬が主流になる前の葬儀では
このことが葬儀に対する普通の思いだと。


しかし今は大きく変わりました。

葬儀にお金をかける時代でなく
お金を掛けず、同じことなら値段の安いものが良い…

事前相談などで感じられるものです。

なぜ、その様になったのか
それは葬儀価格が不透明だったから、と思います。

葬儀価格の不透明とは
葬儀というものが人の死から発生する性質からきている
と思います。

それにより、葬儀業者も金額の公表を控えた歴史があるのです。

いまでこそ、多くの情報が氾濫しますが
一昔前は、葬儀の情報は電話帳広告くらいしかありませんでした。

たまに新聞広告やチラシで葬儀に関する情報が散見されましたが
本当に皆無に等しいのが「お葬式、葬儀」の情報でした。

さて、葬儀に必要な物品とは何をさすのか…
下記に列挙します。

・霊柩車(病院から式場から火葬場)2回
・棺
・白衣(仏衣)
・骨壺
・遺影写真
・ドライアイス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ローソク立て
・ローソク、線香
・香炉(線香立て)
・回し香炉(遺族が焼香に使用)
・経机(上記の仏具を置く机)
・掛け軸(ご本尊)
・白幕(葬儀の部屋に使用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・写真代(遺影写真を置くもの)
・死亡届提出
・火葬場手続き
・通夜、葬儀の人的サポート

以上のものになります。



上記の物が葬儀に必要なものとなり
華美な演出をされたくない方や
必要最小限のもので葬儀を行いたい方へ
弊社がお勧めする形態です。

葬儀費用については
ホームページに詳細がございます。



本日も
最後までのお付き合い
ありがとうございました。


///////////////////////////////////////////////////////////
広島の家族葬 葬儀 お葬式 直葬 自宅葬儀 寺院葬儀
安芸葬祭・エキキタホール
TEL082-568-0115
広島駅新幹線口より北へ徒歩約10分
〒732-0048
広島市東区山根町32番25号
///////////////////////////////////////////////////////////
2020年07月10日 07:00