広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら安芸葬祭

24時間365日対応。広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら当社へ。

安芸葬祭

ホーム安芸葬祭のブログ ≫ 高齢化、少子化、核家族に起こる遺骨の話 ≫

高齢化、少子化、核家族に起こる遺骨の話


人は亡くなると骨になる。

骨になると、当然のように墓に納める。

先祖代々の墓、新しく建立した墓…

墓に納骨することが、ある意味当たり前の光景であった。

その当たり前の光景が、徐々に消えていることは余り知られていない。

「遺骨をどうしたら良いのか…」
血を分けた兄弟、姉妹でも、亡くなると事情は大きく変わる。
葬儀は滞りなく終わるのだが、その後に「さて、この遺骨は誰が持って帰るものやら」で悶着が起きることがある。

合同墓なる存在はあるのだが、兄弟、姉妹で意見が分かれ、「全く知らない人と一緒は可哀想…」の言葉で、遺骨の行き場は決まらない。

しばらく寺院に預かってもらうも、何年もと言う訳にも行かない。
なぜなら、寺院に預ける人の中には、そこから暫くすると音信不通になることがあるから。
こうなると、寺院も誰彼の遺骨預りはお断りされる。
ある寺院は、遺骨預り保証金として30万円を申し渡される。この保証金、遺骨を引き取りに来られたら全額返金されるだけに良心的。
人間誰しも、お金には無関心ではない。
30万円出す人は遺骨を粗末にしないし、きちんと墓なり永代供養墓などを真剣に考えている。

30万円を高いとか、預り金に難癖をつける人は、失礼だが遺骨を粗末にしたり、墓参りや先祖供養をしない人である。

話変わって先日、半年預かっていた遺骨を親族に引き渡し納骨に立ち会った。

この方は、火葬終了後に親族がいるのはわかったのだが、法的手続きを要したため、弊社で預かっていた。

立ち会われた親族が言われた。
「あんたが亡くなったら、この墓に入れてあげるからね、と約束していたんです。」

亡くなった人の生前を私は知らない。しかし、この故人は行いが良かったはず。

なぜなら、「生き様は死に様」が世の常だからである。
2020年02月12日 16:06