広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら安芸葬祭

24時間365日対応。広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら当社へ。

安芸葬祭

ホーム ≫ 安芸葬祭のブログ ≫

新着情報

自宅にお骨を置く…その事情とは

自宅にお骨を置く。
それも長期間…

その理由は、人様々な事情が見え隠れします。

1、お墓があるのに、納骨する時期に悩む。

このようなケース、実は多いですね。
12月や1月の寒い時期、大半の方が49日を目処に納骨されるのですが、「雪が降ったり、寒さが厳しいから、お墓に入れるのは可哀想…よって暖かくなってから納骨したい」
この考え、私は良いと思います。
49日に納骨する、というのは、絶対にしなければならない、という根拠もなく、あくまで一つの目安(49日は満中陰)だと思います。

2、納骨したいが、墓を購入する予算がない。

月日が経ち、仏壇や押し入れなどに長期間、遺骨を置かれているケースもあります。
お墓や納骨堂の購入が難しい…また、諸々の事情からお墓に入れることが出来ない、などです。

私は、この業界で働いているからか、遺骨をはじめ仏壇処分、葬儀に関するマナーなど、世間の方より深刻に考えません。
しかし、多くの方は「粗末にしたら、あとで何か起こるのではないか?」と不安を持たれます。
考えてみれば、不安になるのは当たり前です。

自宅に長期間、それも物のように乱雑に置き、埃だらけの遺骨を見ると、これで良いのかな?と思うのですが、その反対に、花や故人の嗜好品をお供えされ、大切にされている方もおられます。

お墓や納骨堂の建立が事情により難しい方…実は、火葬の段階で火葬場に対して収骨する意思のないことを明確に示すことにより、遺骨の処理が可能なのです。
しかし、その様な方は、余程の理由があります。
その理由は「本心は、今の状況であれば、お墓や納骨堂などの予算は立てれない。しかし、遺骨は持ち帰らないと、後で何を言われるかわからない」という事情からだと思います。

何事も逆算して考えろ…と誰かに言われました。
お墓→遺骨→火葬→葬儀(逆算したながれです)
例えば、葬儀を行い、火葬場に行き、遺骨になる。その後、遺骨をどうするか?
お墓や納骨堂が決まっている人は心配いりません。しかし、お墓や納骨堂のない人、予算的に厳しい人は、周りの遺骨は拾わないといけないよなどの声で、仕方なく遺骨を持ち帰り、後日途方に暮れる…その様な方を、私は見て来ました。

これからの高齢化社会、核家族化が進めば、最後に残る遺骨をめぐり、上記のような問題は多く起こるでしょう。

弊社では、そのことを含め葬儀全般の「不安解消」に役立つよう、アドバイスを行っております。
ご不明な点は、いつでもご相談ください。
2019年10月31日 11:16

遺骨をどうしたら良いのか

過日、不動産会社から連絡がありました。
「入居者に連絡がつかず、大家さん立ち会いで部屋に入ると、骨壺に入った遺骨が出てきた。どうしたものか…」

取り敢えず、懇意にしている寺院に預かってもらったのですが、正直…困ったものです。

しかしながら、この様な事案、多いのも事実。

数年前、ある容疑で逮捕された人から「刑務所に入るので、自宅にある遺骨をどこかに永代供養してほしい。そのことについて全て委任するし、あとで文句を言わない」と言われ、合同供養墓に納骨をしました。

葬儀屋稼業も30年を超えると色々な人間模様に出会います。

人が亡くなると、必ず骨になります。

問題は、その骨(遺骨)を巡って多くの問題が起きます。

世間一般の家庭では、遺骨は先祖代々のお墓や自分で建立された墓へ納骨する、というのが一般的です。

しかし、なかには、先祖代々のお墓などに納骨できない遺骨も多数、存在します。

理由は様々です。

弊社では、遺骨を自分の墓に入れることができない…そうした方には会館(エキキタホール)に隣接する合同供養墓をご紹介しています。

お骨を骨壺から出し合祀する方法で、永代供養料金は5万円要します。

春と秋の年二回読経もあり、常にどこかで誰かがお参りされていますので、無縁ではありません。

もし、「私の親族(知人)で、亡くなったあと遺骨がどうなるのか不安…」という方は一度ご相談ください。
2019年10月30日 14:27

池山さん

1569533983901
池山さんとの出会いは2013年の6月。
カープのOBの方に紹介されました。
「ブンブン丸(池山さんの愛称)はスター選手だったが、性格は良いよ」と言われ、会ってみると、本当に謙虚で偉ぶることなく、常識人でした。
高校からプロ入りし、数年後にスター街道を歩むと、周りからチヤホヤされて勘違いする人が多い印象があった私は、彼に聞きました。
「野村克也監督と出会って、野球人たるまえに社会人であれ。この言葉が大きいですね。野村監督に出会うまで、好きに野球をさせてもらっていたのが、考える野球を叩きこまれ、しばらく悩みました。しかし、チームが勝つことで野球の奥深さを知り、違った意味で野球が楽しくなり、そこから素直になれたような気がします」

今回、ヤクルトの二軍監督に復帰。
昨年まで楽天の二軍監督をされていただけに、変な気負いもなく、11月から張り切ってスタートされます。

ヤクルトの一軍打撃コーチ時代や楽天のヘッドコーチ時代、試合前のベンチに入れてもらったり、チケットを用意して頂いたり、お世話になりました。

それだけに何か恩返しと企画したのが、来月の16日に、天谷宗一郎さんとコラボしたトークディナーショウです。

恐らく、広島開催は、最初で最後になるかも知れません。
池山さんの人となり…興味のある方は、是非ご来場ください❗️宜しくお願い申し上げます。

チケットは「KUSOSHA」でアクセスしていただき、お申し込みください❗️


 
2019年10月03日 21:46

国宝寺院の不動院金堂

不動院金堂80
広島市内で唯一の国宝寺院の不動院。
なかでも金堂は、室町時代から今日まで威厳を保つ威風堂々とする建物です。
広島市にある寺院の大半は原爆にて焼失しましたが、不動院は被災から免れました。ある意味、奇跡に近いものです。

金堂には、薬師如来像がご本尊に祀られているのですが、これまたスケールの大きさに、初めて参拝された方は驚かれます。
薬師如来像の左手には、大きな壺があります。
これは薬効壺であり、昔、疫病や大病された方への病気平癒などの祈願で、多くの方を救われた、と聞きます。

弊社は平成6年から、不動院さんにお世話になり、これまで多くの檀家さんをご紹介いただき、ありがたいことに、金堂での葬儀を任せていただいています。
ある意味、弊社のステータスです。
葬儀は会館が主流の時代ではありますが、不動院金堂は、歴史から見ても葬儀会館と比較するのは失礼な話で、まさしく檀家さんだけが使用できる、ある意味、特権です。
この金堂が気にいり、改宗された方もおられ、過日葬儀をされました。
「祭壇は要りませんから、お花だけで…」

歴史的な建物は、そのままでも十分な価値があります。
広島にお住まいの方で、真言宗で寺院が決まっていない方、頭の片隅に不動院を置いてください。
格式は高い寺院ですが、お布施は高額ではありません。(これは、本当です)
「不動院さんって、お布施が高いんでしょう?」
よく聞かれるのですが、これは、大きな誤解です。
2019年10月01日 22:13

生活保護受給者の葬儀費用

生活保護を受給されている方が亡くなられた場合は、行政(生活保護係)が「葬儀費用の拠出」の判断を行います。

葬儀費用(葬祭基準額)は約20万円、その他には、ドライアイスや死亡診断書、火葬料金などの助成です。

当家の支出は、親族に関する費用(供花や飲食費、タクシーなど)が必要となります。

葬儀費用が拠出されないケースは、故人が原爆手帳を持っている場合。

なぜかというと…原爆手帳をお持ちの方が亡くなられた場合、すべての方に葬祭費用が弔慰金として約20万円(葬祭基準額と同額)が拠出されるからです。よって生活保護を受給し原爆手帳を持っている方は、生きているまでの金銭支援しか受けられないことになります。

その他、広島県内に居住の方でも生活保護の葬祭費が拠出されない行政もありますので、ご注意ください。

その理由は、亡くなった後の葬儀は残った親族が行うものであり、「生活」を保護する目的で支援するのが生活保護費であり、葬祭費用は「生活」に該当しないので拠出しない、という解釈です。

生活保護を受給されている方で葬祭費用が気になる場合は、必ず生活保護係の担当者へ連絡を入れ、支給が可能かを確認してください。
2019年09月20日 17:51

安芸葬祭の第二回「あき祭り」開催します

1568723196827
昨年は、弊社のエキキタホールで「お葬式説明会」をピュア会員様限定で開催しました。

今年は旧知のブンブン丸こと、元ヤクルトスワローズの中心選手であった池山隆寛氏と昨年までカープに在籍し、現在野球解説者として広島で活躍する天谷宗一郎氏をお迎えし、トークディナーショウを開催します。

只今、参加者を募集しております。
ご希望の方は、弊社までご連絡宜しくお願い申し上げます。
フリーダイヤル0120―33―4949
2019年09月17日 21:27

お世話になった霊柩車…弊社を卒業します❗️

DSC_0544_HORIZON
平成17年から今日まで、多くの故人様の搬送業務に昼夜を問わず頑張ってくれました。
父、母の時もお世話になっただけに、やはり愛着があります。
どこかの葬儀社に引き渡しされる予定らしいですが、まだまだ馬力はあるだけに、しっかり働く車と思います。
しかし、人間と同じく別れとなると、やはり寂しいものです。
本当に、お世話になりました。ありがとう‼️
2019年09月17日 11:23

救急病院で突然亡くなられた場合

慌てます。
本当に慌てます。
しかし、現実は厳しいですが、看護師さんの指示を良く聞いて行動して下さい。
救急搬送されるまでの状況によっては、警察の検死を受ける場合もあります。

まずは近親者に連絡を入れ、病院に来てもらいます。
突然のことで葬儀社を決めていない人が大半です。まさか…の出来事だけに仕方ありませんが、葬儀社を決めなければいけません。

弊社に依頼された方は、「前にお世話になったから」とか「自宅から近かったから」などの理由から依頼の連絡を頂きました。

病院にお迎えにあがると、大半の方が何をどうしたら良いかと判断力を失なわれています。

自宅に連れて帰るのか?会館に直接行くのか?決めなければいけません。

このようなケース、突然のことだけに急ぎは禁物です。
アドバイスすることは1つ。

時間をおき、冷静になって葬儀社と話し合いを持つことです。

葬儀を慌てて行うと、間違いなく後悔します。

まずは、ご遺体を安置することに重きを置いて下さい。
2019年09月15日 23:16

私の…葬儀に接して感じた本音

綺麗ごとに聞こえるかもしれません。

しかし、こんな葬儀屋もいるのか…と聞いてください。

いまの日本、毎年どこかで大きな災害が起きます。

地震、土砂災害、台風などの大きな自然の驚異。

そして車による痛ましい事故。

また、理不尽なる虐待などによる殺人。

いじめや対人関係による自殺。

病気による「死」だけでなく、この世には様々な「死」と背中合わせに「生」が存在してします。

15年前だった、と記憶します。

交通事故で突然無くなられた方の通夜で、住職さんの法話がいまも印象に残っています。

「この世には、表と裏の存在が二つある。一つは海の波。波には、ご承知の方もおられるでしょうが、表と裏がある。私たちの正面に見える波は泡立て、見ようによっては綺麗に見える。しかし、波の裏側はどす黒く気味の悪い雰囲気を持っている。そして、もう一つの表と裏は…人間の生と死である。生きる、生きている、というのは表。そして今日の仏さん…昨日の昼までは元気に生きていた。しかし…いま…お通夜を迎えている。人間の人生は、まさしく生と死という表裏一体である、ということを皆さんは噛みしめてほしい。我々人間は、今日があるから明日もある…だから明日にしよう、と考える。しかし、人間には明日の保証というものはない、ということを心して欲しい。そことを身をもって教えてくれたのが、いま棺に入っている故人。今からの日暮らしを、今日参列していただいた皆さんは、他人事に考えるのでなく、明日は我が身と心していただきたい」


これまで何名の方の事故死、自殺、殺人、災害死に関わってきたのだろう。
そう思い日記を見た。

この仕事も36年になるが、不慮の死に立ち会った日には、「この様な葬儀では、お金の話が一番難しい。家族の精神状態が普通でなく、葬儀の話をするのが気が引ける。葬儀屋として一番しんどい。なんで自殺をしたんだろう…」

また、「今日の主人は幼子を残し自殺された。幼子は父の死を自覚していない。祭壇の準備をしていたら、幼子がお菓子をくれた。ありがとう…と言ったら、何とも言えない笑顔…そして、もう一つお菓子をくれた。何歳なん?と年をきくと、我が子と同じ年。つらいのぉ…」

「初めて殺人事件に遭遇した。殺されたのは3歳の子。やれん…ほんまに、やれん」

改めて思う。この仕事、ビジネスだけでの割り切りで出来るものではない。

これからも不慮の死は無くならないだろうが、できれば病死以外の不慮の死は、無くなる世の中であってほしい、と本気で願うものである。
2019年09月15日 16:30

葬儀を行う際によく耳する言葉

main1-04
家族葬を含め葬儀は、世間の人からすれば非日常的なことです。

私の知人が、私によく掛ける言葉は、「暑い(寒い)から忙しい?」とか「葬儀費用は、いくらぐらい用意すれば良いの?」というものが圧倒的に多いです。

また初対面の人に名刺を渡したりすると、「葬儀屋さんは儲かるでしょう。これから高齢化の波にのる業界ですよね…」と言われます。

葬儀=忙しい、費用、高齢化、というのが今の葬儀社に対するイメージでしょうか。

さて、今日は葬儀を行う際によく耳にする言葉をあげてみます。

葬儀を考えておられる方…恐らくみなさん一緒ではないでしょうか…


「お寺さんに葬儀のお願いをするのは、何を伝えるのでしょうか?」

「お寺さんへのお布施は、いくらくらい包めば失礼はないのですか?」

「亡くなった連絡を親戚全員に知らせず、ここにいる者だけで行いたいのですが、おかしいでしょうか?」

「小学生の孫は、学校を休ませて良いですかね?」

「通夜や葬儀は、和服?それとも洋服?」

「喪主以外の子供は、香典を出すのですか?」

「友引や仏滅は葬儀を行って良いのですか?」

「浄土真宗は位牌じゃないの?」

「戒名(法名)には、名前の一字が入りますかね?」

「みなさん、どのくらいの葬儀予算で行われますか?」

「主人が、亡くなったら絶対にこの写真を遺影にして欲しい、と言いました」

「うちのお父さん写真嫌いで、真っすぐ向いた良いものが無いのです」

「納骨はいつまですれば良いのですか?」



葬儀は非日常的ではありますが、当事者になられた方には真剣な話で、葬儀という現実と向き合われています。

なかには、お孫さんを参列させるか否か、遺影にする写真をめぐる会話など微笑ましい相談もあります。


広島駅北口(新幹線口)から徒歩にて約10分
家族葬専用式場 エキキタホール
株式会社安芸葬祭
2019年09月15日 10:18