広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら安芸葬祭

24時間365日対応。広島市・広島駅近くの家族葬・葬儀・葬祭なら当社へ。

安芸葬祭

ホーム ≫ 安芸葬祭のブログ ≫

新着情報

高齢化、少子化、核家族に起こる遺骨の話


人は亡くなると骨になる。

骨になると、当然のように墓に納める。

先祖代々の墓、新しく建立した墓…

墓に納骨することが、ある意味当たり前の光景であった。

その当たり前の光景が、徐々に消えていることは余り知られていない。

「遺骨をどうしたら良いのか…」
血を分けた兄弟、姉妹でも、亡くなると事情は大きく変わる。
葬儀は滞りなく終わるのだが、その後に「さて、この遺骨は誰が持って帰るものやら」で悶着が起きることがある。

合同墓なる存在はあるのだが、兄弟、姉妹で意見が分かれ、「全く知らない人と一緒は可哀想…」の言葉で、遺骨の行き場は決まらない。

しばらく寺院に預かってもらうも、何年もと言う訳にも行かない。
なぜなら、寺院に預ける人の中には、そこから暫くすると音信不通になることがあるから。
こうなると、寺院も誰彼の遺骨預りはお断りされる。
ある寺院は、遺骨預り保証金として30万円を申し渡される。この保証金、遺骨を引き取りに来られたら全額返金されるだけに良心的。
人間誰しも、お金には無関心ではない。
30万円出す人は遺骨を粗末にしないし、きちんと墓なり永代供養墓などを真剣に考えている。

30万円を高いとか、預り金に難癖をつける人は、失礼だが遺骨を粗末にしたり、墓参りや先祖供養をしない人である。

話変わって先日、半年預かっていた遺骨を親族に引き渡し納骨に立ち会った。

この方は、火葬終了後に親族がいるのはわかったのだが、法的手続きを要したため、弊社で預かっていた。

立ち会われた親族が言われた。
「あんたが亡くなったら、この墓に入れてあげるからね、と約束していたんです。」

亡くなった人の生前を私は知らない。しかし、この故人は行いが良かったはず。

なぜなら、「生き様は死に様」が世の常だからである。
2020年02月12日 16:06

御神木の伐採

写真はないのですが、昨日
御神木の伐採を手伝いました。
15メートル以上ある杉の御神木でしたが、伐採の理由は「白蟻」です。

枝から切り落とし始めたのですが、地上から見ると小さな枝に見えますが、落ちた枝は一人で提げることの出来ない大きさにビックリしたものです。

柱である木の伐採を終えた時、白蟻の猛威を思いしりました。
白蟻被害…聞いてはいたものの、これは想像以上のものでした。

樹木医の方から、「台風シーズンまでこのままにしていたら、間違いなく大事になっていた」との言葉に、今までよく倒れなかったものだ、と思いました。

白蟻、皆さんの自宅も気を付けて下さい。

最後に切り株から根に掛けて焼却をするように指示を受け、消防に連絡を入れ約3時間燃やしました。
その後、消毒剤を掛け他の樹木に被害が及ばないようにしましたが、白蟻は恐ろしい、と改めて思い知ったものです。
2020年02月07日 06:17

50回忌の法要

DSC_0753_HORIZON
祖父の法要を会社にある仏壇の前で来月行います。
祖母は、3年前に50回忌を済ませました。
これで、一つの区切りがつきます。
私が6歳の時に亡くなった祖父の印象は、頑固爺さんです。
今まで、頑固と呼ばれる人に何人か会いましたが、うちの祖父の頑固さは半端でありませんでした。
母が、祖母が先に亡くなり気に掛け、掃除をしに行くと「要らんことするな、帰れ」と外に出された思い出が甦ります。

祖母は、私が2歳で亡くなったため、まったく印象がないのが残念です。
しかし、50回忌を行うことに私がなるとは、思いませんでした。
9人の子供に恵まれた祖父と祖母。
本来であれば、家督を継ぐ予定の伯父や伯母は鬼籍に入りました。
子供が親の50回忌を行う確率は、幼少期から20台の前半で亡くなられないと難しいのでしょう。
そう、改めて思ったものです。

それと今回の50回忌…寺院から案内が来なかったら、すっかり忘れていたでしょう。
改めて案内を頂き、ありがたい、と思ったものです‼️
2020年02月03日 16:54

遺骨は

夫婦二人で子供さんもいない。
亡くなった場合入る墓もない。
そのような場合、遺骨はどうなるのか?

今は、合同墓というものがあるから良いのだが、以前は、自宅に長い期間置かれていた。

問題は、残った人が亡くなった場合。
自宅の退去にあたり、この遺骨の行き場に困ったものである。
2020年01月26日 06:15

昔の葬儀と今の葬儀で思うこと

自分なりの思いを
正直に、嘘偽りなく書いて見ます。

葬儀社には、親切、丁寧、ご家族の思いになって、など各社がホームページなどの媒体を使用し訴求しています。
そして、お客様にとり大事な価格も廉価なものが目立ちます。

昔の葬儀は、お金が掛かった…と言われます。
中には、葬儀社がぼったくる…などと葬儀社が一方的に悪い、と言う方もいます。

私も、良く言われました。
「葬儀社が口を開けば金だから、気を付けろ」
20年以上前に、ある打ち合わせの現場で言われた言葉、今でも残っています。

また、ある方に言われた
「まあ、葬儀屋さんは、そうやって親切そうに言うが、全ては商売だからな」と言われたこともありました。

人の死を商売にしているだけに、当然文句は言えませんが、どこかやるせない気持ちになったのも事実です。

そのような経験からか、弊社の開催するお葬式説明会で、私が必ず伝える言葉があります。
「葬儀費用を決めるとき、葬儀社の人に言ってはいけない言葉があります。それは、葬儀のことはわからないから、葬儀屋さん全て任せます、という言葉です。全ての葬儀社がそうだとは言いませんが、そんなこと言ったら、後日の請求書に文句の一つも言えない」

昔は葬儀に際し、その様な言葉を言われる方が多かったのです。
それは、今のように葬儀に関する情報がなかったからです。
では、昔の葬儀はどのようにして葬儀社を選んでいたのか?
1、町内会や講中が指定していた
2、親戚、寺院や病院などの紹介
3、タウンページやチラシなどの媒体
4、自宅に近いから
5、互助会に加入している
などでした。

今も大きく変わりませんが、家族葬が増えた関係で、1の町内会指定は、ほとんど無くなりました。
その代わり増加したのは、ホームページによる依頼が増えました。
電話による相談も依然多いのですが、メールによる相談が増えたのは時代の流れ、と思います。
(遺影にする写真もメールでのやり取りが増えました)

事前相談に来られる方の意識も、徐々に変化があります。
以前は、医師から両親の葬儀の準備をしておいた方が良い、と言われた方が多かったのですが、最近は終活ブームの影響か、夫婦で来館され自分の葬儀を相談される方が増えました。

昔の葬儀は、亡くなってからぶっつけ本番で、何をしたのやら、何があったのか、わからずに終わった、という人が大半だっただけに、葬儀を取り巻く世間の環境は、大きく変わったのだと思います。
2020年01月21日 08:39

天涯孤独な人が亡くなると…

結論は、大変なのです。

何が一番大変なのか?

故人に相続が発生するからです。

例えば、最期を看取られたのが、親戚以上の付き合いをされ、合鍵や預金を預かり管理していた、友人、知人とします。

生きていれば、余程のことがない限りトラブルはなかった。
しかし、亡くなると状況は一辺します。

まず、お互いが他人ですから、故人のお金(遺留金)を勝手に持ち出しは出来ません。
そして、故人の自宅にも入ることも、第三者立ち会いでないと、後にトラブルになります。
要は、家族や親戚がハッキリとしない人が亡くなると、「相続」が発生しているため、いくら親しい友人、知人でも、何の効力もないため、厳密に言うと法を犯すことになります。

このようなケースでの葬儀には手順があります。
まず、生活保護を受給されている場合、行政が関わっているため大きな問題は起きません。

生活保護を受給していないケースは、少しばかり時間を要します。
その理由は、親族を探すことが第一だからです。
これは、私達にはまず不可能ですから、弁護士や行政書士など専門家に委ねることになります。

季節により、ご遺体の保存には限度(約7日)があるため、専門家に相談後、火葬を行える準備はしておきます。(死亡届を役所に提出)
届出人には、親戚の方がいない場合でも届け出順位に該当する方にお願いします。

火葬まで掛かる費用は、弊社では立て替えをしています。

最終的には、専門家が故人の戸籍を全て洗いだし、相続人に該当する親族を探し、相続をするか、放棄するかの手続きを行います。

大半の相続人は、何十年も音沙汰のない関係なため、何が行ったのか、躊躇うようです。

冒頭に申し上げた、亡くなった時の故人の遺留金を使用したり、善意から自宅内のゴミなどの整理を友人、知人が行った場合、相続人が判明した時、思わぬトラブルになる可能性になることがあります。(死人に口なしで、このくらいのお金があったはず、自宅に高価な物があった、など)

皆様の周りで、「ワシは天涯孤独だから、亡くなったら火葬して、遺骨は山でも海でも撒いてくれ」など言われる方がいた場合、気をつけて下さい。
せっかくの善意が善意でなくなりますから。

もし、そのような方がいたら、ご本人が周りの方が困らないようにしていれば良いのですが、そのような方に限り、親族や親戚と疎遠になる理由があるだけに、難しいのでしょう。

もし、このようなケースでお困りの場合、弊社にご相談ください。
☎️082―568―0115
株式会社安芸葬祭
2020年01月20日 20:47

友引を避ける?避けない?

葬儀の日が友引にあたる場合、気にされる人、されない人に分かれます。
友引は「友を引く」から、葬儀には忌み嫌われています。
私も、この業界に入っているから気にならないのですが、世間の人は、やはり気にされる人が多いのは事実です。

広島は安芸門徒の地で、浄土真宗が多く、友引は迷信だから気にすることはないよ、と伝わっています。
私も父の葬儀を友引に行いましたが、田舎の親戚からも異議は出ませんでした。
意外や田舎の人よりは、都心に住まれている人の方が、色々なことを気にされることが多く感じるのは、何故でしょうかね?

さて、友引の葬儀。
あるお寺さんが、迷っている遺族に言われました。
「避ける、避けないは、家族で決めて下さい。ただこれだけは言っておきます。友引を避けても、人間はいつか亡くなります」

実は、この話、遺族からお寺さんに「友引に葬儀をしたら故人が誰かを引っ張って連れて行くんですよね?」と問い掛けから出ました。

眼に見えない力の話だけに、お寺さんがどう答えられるか注目したのですが、私は見事な解答だと思いました。

人間の死は、如何なることがあっても避けられない。

友引で葬儀をどうしよう…と案じた場合、参考にしてみて下さい。
避けるも避けないも、最後はご遺族の判断です。
2020年01月06日 10:50

ホームページをリニューアルしました

少しばかり

いざという時、利用される方が慌てず見れる内容にしてみました。
2020年01月04日 16:42

自宅にお骨を置く…その事情とは

自宅にお骨を置く。
それも長期間…

その理由は、人様々な事情が見え隠れします。

1、お墓があるのに、納骨する時期に悩む。

このようなケース、実は多いですね。
12月や1月の寒い時期、大半の方が49日を目処に納骨されるのですが、「雪が降ったり、寒さが厳しいから、お墓に入れるのは可哀想…よって暖かくなってから納骨したい」
この考え、私は良いと思います。
49日に納骨する、というのは、絶対にしなければならない、という根拠もなく、あくまで一つの目安(49日は満中陰)だと思います。

2、納骨したいが、墓を購入する予算がない。

月日が経ち、仏壇や押し入れなどに長期間、遺骨を置かれているケースもあります。
お墓や納骨堂の購入が難しい…また、諸々の事情からお墓に入れることが出来ない、などです。

私は、この業界で働いているからか、遺骨をはじめ仏壇処分、葬儀に関するマナーなど、世間の方より深刻に考えません。
しかし、多くの方は「粗末にしたら、あとで何か起こるのではないか?」と不安を持たれます。
考えてみれば、不安になるのは当たり前です。

自宅に長期間、それも物のように乱雑に置き、埃だらけの遺骨を見ると、これで良いのかな?と思うのですが、その反対に、花や故人の嗜好品をお供えされ、大切にされている方もおられます。

お墓や納骨堂の建立が事情により難しい方…実は、火葬の段階で火葬場に対して収骨する意思のないことを明確に示すことにより、遺骨の処理が可能なのです。
しかし、その様な方は、余程の理由があります。
その理由は「本心は、今の状況であれば、お墓や納骨堂などの予算は立てれない。しかし、遺骨は持ち帰らないと、後で何を言われるかわからない」という事情からだと思います。

何事も逆算して考えろ…と誰かに言われました。
お墓→遺骨→火葬→葬儀(逆算したながれです)
例えば、葬儀を行い、火葬場に行き、遺骨になる。その後、遺骨をどうするか?
お墓や納骨堂が決まっている人は心配いりません。しかし、お墓や納骨堂のない人、予算的に厳しい人は、周りの遺骨は拾わないといけないよなどの声で、仕方なく遺骨を持ち帰り、後日途方に暮れる…その様な方を、私は見て来ました。

これからの高齢化社会、核家族化が進めば、最後に残る遺骨をめぐり、上記のような問題は多く起こるでしょう。

弊社では、そのことを含め葬儀全般の「不安解消」に役立つよう、アドバイスを行っております。
ご不明な点は、いつでもご相談ください。
2019年10月31日 11:16

遺骨をどうしたら良いのか

過日、不動産会社から連絡がありました。
「入居者に連絡がつかず、大家さん立ち会いで部屋に入ると、骨壺に入った遺骨が出てきた。どうしたものか…」

取り敢えず、懇意にしている寺院に預かってもらったのですが、正直…困ったものです。

しかしながら、この様な事案、多いのも事実。

数年前、ある容疑で逮捕された人から「刑務所に入るので、自宅にある遺骨をどこかに永代供養してほしい。そのことについて全て委任するし、あとで文句を言わない」と言われ、合同供養墓に納骨をしました。

葬儀屋稼業も30年を超えると色々な人間模様に出会います。

人が亡くなると、必ず骨になります。

問題は、その骨(遺骨)を巡って多くの問題が起きます。

世間一般の家庭では、遺骨は先祖代々のお墓や自分で建立された墓へ納骨する、というのが一般的です。

しかし、なかには、先祖代々のお墓などに納骨できない遺骨も多数、存在します。

理由は様々です。

弊社では、遺骨を自分の墓に入れることができない…そうした方には会館(エキキタホール)に隣接する合同供養墓をご紹介しています。

お骨を骨壺から出し合祀する方法で、永代供養料金は5万円要します。

春と秋の年二回読経もあり、常にどこかで誰かがお参りされていますので、無縁ではありません。

もし、「私の親族(知人)で、亡くなったあと遺骨がどうなるのか不安…」という方は一度ご相談ください。
2019年10月30日 14:27